キリル・コンドラシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キリル・コンドラシン
Кирилл Кондрашин
1979年2月28日撮影
1979年2月28日撮影
基本情報
出生 1914年3月6日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国モスクワ
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
死没 1981年3月7日(満67歳没)
オランダの旗 オランダアムステルダム
ジャンル クラシック
職業 指揮者
担当楽器 指揮
活動期間 1943年 - 1981年

キリル・ペトローヴィチ・コンドラシンロシア語: Кирилл Петрович Кондрашин, 1914年3月6日 - 1981年3月7日)は、旧ソ連の指揮者である。

モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団在任中、ショスタコーヴィチ交響曲の初演に携わった。交響曲第4番交響曲第13番「バビ・ヤール」は、彼の指揮により初演された。モスクワ・フィルを指揮して、世界で初めてショスタコーヴィチの交響曲全集を録音した。

略歴[編集]

1981年3月8日の出来事[編集]

本来3月7日にはトロントでのコンサートが予定されていた。しかしその後にアムステルダムでのリハーサルが予定されていたため大事をとってカナダの予定をキャンセルし、2日にシカゴからアムステルダムへ到着。7日金曜日は親しい友人らを招いてコンドラシンの67歳を祝う誕生会が催された。パーティは翌朝土曜日の朝まで続いた。11時に北ドイツ放送響の支配人からの電話。マーラーの巨人とプロコフィエフの古典交響曲の指揮を懇願されるがリハーサル時間が無いことを理由に断る。2度目の電話は内縁の妻ノルダ・ブレクストラのラジオ局時代の元同僚からであったが、放送録音の予定があった為断った。ノルダの説得により、マーラーの指揮のみ引き受ける。リハーサル時間は午後2時から3時までの間の一時間のみ。マーラーの本番は午後4時からの予定だった。コンサートはポーターが祝いの言葉をかけるほど大成功だった。

コンサート終了後、極度の疲労。祝いのために注がれたコニャックにも手をつけられなかった。5時30分からは別のコンサートのリハーサルがあったためそのままホールに残る。予定終了後、ノルダは病院へ行くことを勧めるが、コンドラシンはホテルに戻って休憩することを希望。部屋ではぐったりとソファーに横になり、食事も喉を通らない。ノルダがレフ・マルキスを駅まで車で見送り、ホテルに戻るとダヴィッド・ゲリンガスからの電話がある。コンドラシンは以降誰の電話も取り次がないよう求めてバスルームへ入るが、そこで異状を訴える。ノルダに抱えられて病院へ向かおうとした矢先に心臓の発作。デュラー博士が応急処置。ローザ・ファインも足をマッサージ。午後11時に救急車が到着した。到着10分前に死亡した旨伝えられる。 のちに、マルキスはコンドラシンの時計が10時50分で止まっていたことを発見。その晩のうちにアイザック・スターンから弔意の電話があった。 ちなみに、葬式はコンセルトヘボウが準備し、11日木曜日に行われた。ホールではネーメ・ヤルヴィがマーラーの交響曲第5番のアダージェットを演奏した。

録音[編集]

ソビエト時代、国営のメロディアレーベルには、ショスタコーヴィチの交響曲全集以外に、モスクワ・フィルとのブラームスマーラーハチャトゥリアンなどの交響曲録音がある。

西側への亡命後、死去までの3年間には、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団やウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などとのライヴ録音が残されている。とくに、リムスキー=コルサコフ交響組曲シェヘラザード』の録音が知られる。

また、結果的に最後の演奏会となった北ドイツ放送交響楽団とのマーラーは、レコード時代に北ドイツ放送交響楽団の自主制作盤として極少数が発売され、それを元にした海賊盤がCDとして出回っていたが、2004年にEMIが"Emi Ndr Archive"というシリーズで、正規の放送用テープを元にしたCDを発売した。2011年11月現在、このCDは廃盤となっている。

放送[編集]

  • 「キリル・コンドラシン 時のシルエット」"Кирилл Кондрашин. Силуэт во времени"

ロシアのテレビ局「クリトゥーラ」によるドキュメント番組。2009年3月6日放送、38分。亡命以降の妻であるノルダ・ブレクストラ、ロシアの親友ボリス・ポクロフスキー、モスクワ・フィルの同僚タチヤナ・ウスチノーヴァ、ユーリー・シモノフ、ユーリー・テルミカーノフ、ローザ・ファインなど多数出演。

著作[編集]

  • 「キリル・コンドラシン その音楽人生」グレゴール・タッシー "Kirill Kondrashin: His Life in Music" Gregor Tassie
  • 「コンドラシンは語る 音楽と人生」ヴラジーミル・ラジュニコフ "Кондрашин рассказывает о музыке и о жизни" Ражников В.