篠崎史紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
篠崎史紀
基本情報
出生 1963年1月18日(51歳)
出身地 日本の旗 日本
福岡県北九州市
学歴 ウィーン市立音楽院
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ヴァイオリン
共同作業者 NHK交響楽団
公式サイト http://maro.shinozaki-vn.com/

篠崎史紀しのざき ふみのり1963年1月18日 - )は、福岡県北九州市生まれのヴァイオリニスト。その容貌から「まろ」の愛称で親しまれている。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

鈴木鎮一の薫陶を受けて音楽教室を主宰していた父、篠崎永育と母、篠崎美樹に3歳からヴァイオリンを習った。1978年、福岡県の常磐高等学校に進学し、高校1年生の時、第32回全日本学生音楽コンクール全国大会高校生の部で第1位、1979年、北九州市民文化賞を受賞した。

ウィーン留学[編集]

高校を卒業した1981年ウイーン市立音楽院に留学し、ヴァイオリンをトーマス・クリティアンに師事する。1983年イヴリー・ギトリスと知己を得て師事。また、バリリ弦楽四重奏団、アマデウス弦楽四重奏団のメンバーに室内楽を師事した。留学中、ヴィオッティ国際音楽コンクール室内楽部門で第3位、第20回ボルドー国際音楽祭で銀賞を受賞した。

帰国後[編集]

1988年、ウィーン市立音楽院を修了して帰国し、群馬交響楽団コンサートマスターとなる。1991年読売日本交響楽団のコンサートマスターに、1997年4月に、NHK交響楽団のコンサートマスターに就任した。また、ハレー・ストリング・クァルテット、アンサンブルSAKRA、イシハラ・リリック・アンサンブル、サントリーフェスティヴァル・ソロイツ、ヴィルトゥオーゾ・アンサンブル・パルテノンなどの室内楽団でも活動している。1996年より東京ジュニアオーケストラソサエティ2009年よりiichikoグランシアタジュニアオーケストラの芸術監督を務めている。2001年、福岡県文化賞を受賞した。

近年の活動[編集]

NHK交響楽団第1コンサートマスターを務める他、篠崎史紀とN響メンバーによる室内合奏団で活動することもある。

2004年王子ホールでコンサート・シリーズ「MAROワールド」を企画・出演(演奏)している。2006年には東京ジュニアオーケストラソサエティが10周年を迎えた。WHO国際医学アカデミーライフハーモニーサイエンス評議会議員、北九州文化大使、桐朋学園非常勤講師昭和音楽大学客員教授も務めている。

レコーディング[編集]

  • 「ロマンティック アルバム」
  • 「アレンスキー/ 弦楽四重奏1番、2番」
  • 「アレンスキー/ ピアノ五重奏&ピアノ三重奏曲第1番」
  • 「シェーンブルンの人々」
  • 「宵の明星」
  • 「郷愁」
  • 「アレンスキー/ピアノ三重奏曲第1番、第2番」
  • 「レゾネート・エターナリー」Violin&Organ duo
  • 「スラブの憧れ/SLAVIC ADORATION」
  • 「フラ-リッシュ・エターナリー」Violin&Organ Duo
  • 「薔薇の騎士 / Der Rosenkavalier 」

著作[編集]

  • 「ルフトパウゼ ウィーンの風に吹かれて」(出版館ブック・クラブ、2006年)
  • 「音楽の創造と霊感」(出版館ブック・クラブ、2012年)

外部リンク[編集]