交響曲第40番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
交響曲第40番 (モーツァルト)



井上京(指揮)、管弦楽団紬による演奏

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

交響曲第40番(こうきょうきょくだい40ばん)ト短調 K.550は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲である。

概要[編集]

モーツァルトの全楽曲の中、最も有名なものの1つである。モーツァルトの交響曲のうち短調のものはこの作品を含めてわずか2曲しかなく[1]、その両方がト短調であるため、こちらを「大ト短調」、もう一方の交響曲第25番を「小ト短調」と呼ぶことがある。

1788年7月25日ウィーンで完成された。同年に作曲された交響曲第39番6月26日)、交響曲第41番8月10日)とともに「3大交響曲」と呼ばれる。3曲とも作曲の目的や初演の正確な日時は不明であるが、モーツァルトは、この交響曲第40番を除き(後述)、これらの曲の演奏を聴かずに世を去ったと推測されている。

初演[編集]

この曲の初演に関する記録は残されていないため、かつての人気作曲家が演奏のあてのない曲を書いたと、悲劇性を強調する文脈で語られることもあったが、現在ではモーツァルトの生前には演奏されていたと推測されている。初稿のほかに、2本のクラリネットを含んだ木管のパートを追加した改訂版が残されているためである。モーツァルトが実際に演奏する目的なしに曲を改訂するとは考えにくい。

また、第2楽章の一部に差し替え用の楽譜が残されている。この楽譜は1789年2月以前に書かれたことが分かっており、1788年の演奏会のために作られたと考えられる。

1789年のベルリン旅行と1790年のフランクフルト旅行では、モーツァルトが自分の交響曲の楽譜を携えていったことは確かである。

「1791年4月16日17日、ウィーンの音楽家協会の演奏会でモーツァルト氏の新しい大交響曲がアントニオ・サリエリの指揮で演奏された」という史料が残っている。この大交響曲とは本作のことを指すものであろうと推測されている。

楽器編成[編集]

フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2(変ロ管とト管、変ホ管)、ヴァイオリン2部、ヴィオラ、バス(チェロコントラバス

初稿と改訂版があり、後者にはクラリネット2本が追加されている。演奏する場合、指揮者の考え方によりどちらの版も演奏の機会がある。

ティンパニトランペットを欠く。

曲の構成[編集]

第1楽章[編集]

次の有名な主題から始まる。


\relative c'' {
\key g \minor
\time 2/2
r2 r4 es8( d) |
d4 es8( d) d4 es8( d)|
d4( bes') r bes8( a)|
g4 g8( f) es4 es8( d)|
c4 c
}

第1主題の最初の2音の短二度下降型(移動ドでファミミーファミミーの音型)は「ため息のモチーフ」とも呼ばれ、全曲で姿を現し翳りを与えている。

第2楽章[編集]

  • アンダンテ、変ホ長調 8分の6拍子 ソナタ形式。
緩徐楽章であるが、旋律のリズムが明瞭ではなく、32分音符を付されたもどかしいフレーズが続くため、流麗さよりも不安定さを感じさせる楽章となっている。

第3楽章[編集]

主旋律が一般的な8小節単位の組み合わせではなく、各所で3小節単位となったり2小節単位の寸足らずになったりするため、変拍子的な印象を与える。メヌエットと題されてはいるが舞曲的なリズムの流れはまったくない異端的な楽章である。

第4楽章[編集]

  • 終曲。アレグロ・アッサイ、ト短調 2分の2拍子 ソナタ形式。
交響曲第25番の第1楽章の第1主題にも似た、決然とした分散和音の主題で開始される。展開部では、めまぐるしく転調しながら嬰ハ短調にまで達し、下属調への転調を繰り返して主調に帰還する。

その他[編集]

主な録音[編集]

初稿(クラリネット無し)
改訂稿(クラリネット有り)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『作曲家別名曲解説ライブラリー14 モーツァルトI』音楽の友社、1993年
  • 海老澤敏ほか『モーツァルト事典』東京書籍、1991年
  • H.C.ロビンズ・ランドン『モーツァルト最後の年』海老澤敏訳、中央公論社、2001年

脚注[編集]

  1. ^ 他に1765年の作とされ、1983年デンマークオーデンセで再発見された交響曲イ短調 K.16a『オーデンセ』があるが、こちらは偽作説が有力となっている。また、モーツアルトは宗教劇『救われたベトゥーリア』の序曲を交響曲に編曲しているが、こちらはニ短調である。
  2. ^ クリストファー・ホグウッドエンシェント室内管弦楽団は、初稿・改訂稿、共に録音している。なお、ヤープ・シュレーダーは、この全集の楽団としてのリーダー(コンサート・マスター)であり、この曲を共同指揮しているわけではない。
  3. ^ クリストファー・ホグウッド/エンシェント室内管弦楽団は、初稿・改訂稿、共に録音している。なお、ヤープ・シュレーダーは、この全集の楽団としてのリーダー(コンサート・マスター)であり、この曲を共同指揮しているわけではない。

外部リンク[編集]