交響曲第21番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第21番 イ長調 K.134は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した21番目の交響曲である。

概要[編集]

1772年7月ザルツブルクで作曲されたもので、作曲の動機については不明である。

3曲からなる交響曲の連作(第19番第20番、第21番)において、モーツァルトは管楽の組み合わせを1曲ごとに変えている。この第21番もオーボエを使用せずフルート2本とホルン2本の組み合わせにしている。

楽器編成[編集]

フルート2、ホルン2、弦楽

構成[編集]

全4楽章の構成で、演奏時間は約20分。

第1楽章 アレグロ
第2楽章 アンダンテ
第3楽章 メヌエット - トリオ
第4楽章 アレグロ

外部リンク[編集]