交響曲第27番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第27番 ト長調K.199 (161b) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲

概要[編集]

1773年から1774年にかけてザルツブルクで作曲された9曲の交響曲の第2作で、第25番(K.183)より後の番号であるが、実際は4ヶ月早く作曲された。

この曲は1773年4月10日完成の日付を持っており、第26番の曲の構造と内容が似ている。しかし、日付は実際には判読不明で、4月16日であるともいわれている。

楽器編成[編集]

フルート2、ホルン2、弦楽5部

構成[編集]

全3楽章構成。演奏時間は約19分である。

第1楽章 アレグロ

ト長調の主和音による力強いトゥッティで始まり、第1ヴァイオリンが華やかな主題を歌いだす。

第2楽章 アンダンティーノ・グラツィオーソ

ヴィオラ以下のピッツィカートの伴奏に支えられ、弱音器が付いたヴァイオリンがセレナードのように歌う。

第3楽章 プレスト

後の交響曲『ジュピター』を思わせるフガートで締めくくる。