交響曲第30番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第30番 ニ長調 K.202(186b)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲

概要[編集]

1773年から翌年にかけて24曲の交響曲を生み出したが、第30番は1774年の5月5日に完成され、その最後を飾る作品である。

伝統的なファンファーレ風な交響曲に戻ったが、退行を示した創作と指摘されるケースは少なく、祝典的な機会に演奏される目的で作曲されたといわれている。また、作品自体がセレナード風の明るい曲でもある。

楽器編成[編集]

オーボエ2、ホルン2、トランペット2、弦楽器

構成[編集]

全4楽章構成。演奏時間は約21分である。

  • 第1楽章 モルト・アレグロ
  • 第2楽章 アンダンティーノ・コン・モート
  • 第3楽章 メヌエット-トリオ
  • 第4楽章 プレスト