交響曲第17番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第17番 ト長調 K.129は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した17番目の交響曲である。

概要[編集]

交響曲第16番第18番と同じ時期に作曲されたもので、1772年5月に作曲されたものである。また楽器編成や楽章構成(イタリア式の3楽章制)も同一である。意欲的で大胆なムードも前作と対をなしている。

楽器編成[編集]

オーボエ2、ホルン2、弦楽

構成[編集]

全3楽章の構成で、演奏時間は約16分。

第1楽章 アレグロ
第2楽章 アンダンテ
第3楽章 アレグロ

第3楽章の主題は、ディヴェルティメント(K.205)やピアノソナタ(K.576)の旋律に似たもので、モーツァルトは第1楽章の主題に同じものを使用している。