カール・フリードリヒ・アーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・フリードリヒ・アーベル
Carl Friedrich Abel
トマス・ゲインズバラ画、1777年
基本情報
出生 1723年12月22日
ドイツの旗 ドイツ、ケーテン
出身地 ドイツの旗 ドイツ
死没 1787年6月20日(満63歳没)
イングランドの旗 イングランド、ロンドン
職業 作曲家
ヴォオラ・ダ・ガンバ奏者

カール・フリードリヒ・アーベルCarl Friedrich Abel, 1723年12月22日 - 1787年6月20日)は、ドイツ古典派音楽作曲家ヴィオラ・ダ・ガンバの音楽史上最後の名手であり、そのための貴重な音楽を作曲した。

生涯[編集]

ドイツのアンハルト=ケーテンに生まれる。父親のクリスティアン・フェルディナンド・アーベルは、J・S・バッハが楽長を務めていた時のケーテン宮廷楽団の首席ヴィオラ・ダ・ガンバおよびチェロ奏者だった。ライプツィヒのThomasschule zu Leipzigというギムナジウムで学んだと言われるが、その証拠はない。しかし、1748年、J・S・バッハの推薦で、ドレスデンヨハン・アドルフ・ハッセの宮廷楽団に入ることができ、そこに10年間在籍したのは事実である。1759年イギリスに渡り、シャーロット王妃お抱えの室内楽奏者となった。ロンドンで自作の演奏会をし、さまざまな楽器を演奏した。その楽器の中には、新しく開発されたバリトンも含まれる。

1762年、J・S・バッハの11番目の息子、ヨハン・クリスティアン・バッハとロンドンで合流。二人の友情は、1764年から1765年にかけて、イングランド初の予約制定期演奏会として有名な「バッハ=アーベル・コンサート」をスタートさせることになる。この演奏会には、多くの著名な演奏家が出演し、またハイドンの作品をイギリスで初めて演奏した。

最初の頃、演奏会を主宰していたのはテレサ・コーネリーズという引退したオペラ歌手で、彼女はソーホー・スクエア(en:Soho Square)のカーライル・ハウスに演奏会場を所有していた。しかし、演奏会が大当たりしたことで、1775年に彼女から独立し、アーベルが後を引き継ぐが、次第に経営は苦しくなった。そして1782年、バッハが死に、事業はついに破綻してしまった。アーベルにはなおも新旧さまざまな楽器の演奏家としての仕事があったが、酒に溺れ、それが彼の死を早める原因となった。ロンドン没。

アーベルの作品中、最も広く知られているものの一つが、19世紀には別の作曲家の曲として有名になった。その作曲家とは誰あろうモーツァルトで、1764年、少年モーツァルトがロンドンを訪れた際、勉強のために筆写したアーベルの曲が、モーツァルト作曲『交響曲第3番 変ホ長調 K.18』として目録に載り、ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社出版の『Alte Mozart-Ausgabe』でもそうされたのだ。後に、この作品はアーベルのものだと判り、その原曲もアーベル作曲『6つの交響曲集 Op.7』の中に加えられて出版された。

代表作[編集]

article on Abel fr.wikipedia.orgのリストから。一部修正)

  • Op. 1 6つの序曲または交響曲集
  • Op. 2 6つのヴァイオリン(またはフルート)と通奏低音のためのソナタ集
  • Op. 5 鍵盤楽器、ヴァイオリン(またはフルート)、チェロのための6つのソナタ集
(チェロは随意)
  • Op. 7 6つの交響曲集
  • Op. 10 6つの交響曲集
  • Op. 11 ハープシコード/ピアノフォルテと弦楽のための6つの協奏曲
(弦楽の編成は第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリンとチェロ/コントラバス)
  • Op. 17 6つの交響曲集
  • 無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための小品集 WKO 186-212

アーベルの使用した楽器について[編集]

2009年3月27日近江楽堂にて行われたアーベルの「ガンバのための27の小品」全曲演奏会のパンフレットに音楽学者の赤塚健太郎はアーベルは6弦の楽器を演奏していたと断わりを入れているが楽譜のファクシミリ版を見ても6弦では不可能であり、7弦で無いと演奏は無理である[要検証 ]。実際この演奏会でソリストを務めた品川聖氏は7弦のガンバを使用していた。トマス・ゲインズバラの肖像画だけで判断するのは危険である。肖像画が真実を語っているとしたら、18世紀の君主は鎧を着用して執務していたことになる。

参照[編集]

外部リンク[編集]