交響曲第2番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第2番変ロ長調K.17は、かつてはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したと考えられていた交響曲である。

現在ではモーツァルトの作品ではないとする説が有力であり、真の作曲者はアマデウスの父のレオポルト・モーツァルトである可能性が高いと考えられている。

楽器編成[編集]

オーボエ2、ホルン2
第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラチェロコントラバス

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 Allegro
  • 第2楽章 Andante
  • 第3楽章 Menuetto
  • 第4楽章 Presto

外部リンク[編集]