交響曲第19番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第19番 変ホ長調 K.132は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した19番目の交響曲である。

概要[編集]

前作交響曲第18番に引き続いて、1772年7月ザルツブルクで作曲されたものである。

前作と同じく4本のホルンと2本のオーボエの編成を維持しており、より厚みのある作品となっていることが窺える。なおモーツァルトは第2楽章をもう一種類作曲しており、これはザルツブルクにおける宗教行事の一環として使用されるためとして作曲されたものと推測される。

楽器編成[編集]

オーボエ2、ホルン4、弦楽

構成[編集]

全4楽章の構成で、演奏時間は約24分。

第1楽章 アレグロ
第2楽章 アンダンテ
第3楽章 メヌエット - トリオ
第4楽章 アレグロ

第1楽章の冒頭の主題は、後に作曲されるピアノ協奏曲第22番(K.482)やオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと管弦楽のための協奏交響曲と同じ主題である。なお第2楽章は10分を要する。