マリア・アンナ・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王女マリア・アンナ、フランツ・ヴィンターハルター
晩年のマリア・アンナ王女

マリア・アンナ・フリーデリケ・フォン・プロイセンMaria Anna Friederike von Preußen, 1836年3月17日 ベルリン - 1918年7月12日 フランクフルト・アム・マイン)は、プロイセンの王族、プロイセン王女(Prinzessin von Preußen)。ヘッセン=カッセル家家長フリードリヒ・ヴィルヘルムに嫁いだ。

プロイセン王子カールとその妻でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒの娘であるマリーの間に末娘として生まれた。アンナは美しい王女として知られ、プロイセン宮廷では注目の的であった。1853年5月26日、アンナはシャルロッテンブルク宮殿において、ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒ・ヴィルヘルムと結婚した。フリードリヒ・ヴィルヘルムはその9年前に、アンナの従姉にあたる先妻のロシア大公女アレクサンドラ・ニコラエヴナを亡くしており、アレクサンドラに対する深い愛情を忘れてはいなかった。このため、アンナとフリードリヒ・ヴィルヘルムの夫婦関係は友好的ではあるが愛情深いとは言えないものだったとされている。

アンナは非常に知的な女性で、ヨハネス・ブラームスクララ・シューマンアントン・ルビンシテインユリウス・シュトックハウゼンニルス・ゲーゼヨハン・ペーター・エミリウス・ハートマンら著名な芸術家・音楽家の出入りする宮廷サロンを主宰した。彼女自身、テオドール・クラクに師事し、優れた才能と技量を持つ熟練のピアニストでもあった。アンナは1901年にローマ・カトリックに改宗したが、プロイセン王族のカトリックへの改宗は大きな政治問題を引き起こした。

アンナは1918年6月12日に82歳で亡くなり、フルダ大聖堂に埋葬された。

子女[編集]

夫フリードリヒ・ヴィルヘルムとの間に6人の子女をもうけた。