ヨハン・ペーター・エミリウス・ハートマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨーハン・ペーター・エミリウス・ハートマンJohann Peter Emilius Hartmann, 1805年5月14日 コペンハーゲン1900年3月10日 同地)は、デンマーク作曲家。息子エミールも作曲家になった。単にJ・P・E・ハートマン(J.P.E. Hartmann)と記されることも多い。

JPE.ハートマン像

略歴[編集]

ドイツ系の音楽家の家系に生まれる。当初は父親から音楽の手解きを受けたものの、できる限り独習するようになる。父親の望みを容れて法理学を学び、文官として1829年から1870年まで務め上げるが、積極的な音楽活動も追究した。1824年までにはコペンハーゲン・ガルニソン教会(Garnisons Kirke)のオルガニストに就任しており、1832年には、歌劇《大烏(Ravnen)》によって作曲家デビューを果たす。

1836年ドイツフランスに初めて遊学し、ルイジ・ケルビーニジョアッキーノ・ロッシーニルイ・シュポーアフレデリック・ショパンら当地の名高い音楽家と親交を結ぶ。とりわけシュポーアは、デンマーク人作曲家のクリストフ・エルンスト・フリードリヒ・ヴァイゼと並んで最も重要な助言者となった。その後も数年間ドイツを訪問しながら、その間デンマーク音楽協会を1836年に設立して、没年までその会長を務めた。1843年にガルニソン教会から、コペンハーゲン聖母教会(Vor Frue Kirke)に移籍し、また学生合唱協会の指揮者も務めた。これらの任務も没年まで就いていた。

1827年よりジュゼッペ・シボーニ音楽学校で教鞭を執った後、1867年ニルス・ゲーゼやホルガー・シーモン・パウリらとともにコペンハーゲン音楽院の設立に尽力してその院長に就任した。生前のハートマンはデンマークの音楽界の中心人物であり、多くから音楽関係の絶対的な権威と認められていた。息子エミール・ハートマンも作曲家であり、娘はニルス・ゲーゼと結婚した。

作曲様式[編集]

ハートマンの作品は、真摯な表現と劇的な生命力、とりわけ、デンマークの聴衆に奥底から訴えかける民族的な色彩が特徴的である。北欧的な要素は1830年代以降に強烈に浮上し、デンマーク民謡に基づく主題、どちらかというと暗い音色に向かいがちな傾向、そして転調に顕著である。ハートマンはこのようなロマン主義的な影響を、古典的な訓練によって培った形式感や主題操作に結びつけた。したがってハートマンの作風は、しばしばフェリックス・メンデルスゾーンのそれを連想させる。

主要作品一覧[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 交響曲 第1番 ト短調 作品17 (1835年)
  • 交響曲 第2番 ホ長調 作品48 (1847年~1848年)
  • アダム・エーレンシュレーヤーの悲劇による演奏会用序曲:
    • アクセルとヴァルボア(Axel og Valborg) 作品57 (1856年)
    • コレッジョ(Corregio) 作品59 (1858年)
    • ユルサ(Yrsa) 作品78 (1883年)
  • 付随音楽:
  • バレエ音楽:
    • ワルキューレValkyrien) (The Valkyries) 作品62 (1860年~1861年)
    • Thrymskviden) 作品67 (1867年~1868年)
    • Arcona) 作品72 (1873年~1875年)

室内楽曲[編集]

  • ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト短調 作品8 (1826年)
  • ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ハ長調 作品39 (1844年)
  • ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ト短調 作品83 (1886年)
  • フルート・ソナタ 変ロ長調 作品1 (1825年)

ピアノ曲[編集]

  • ピアノ・ソナタ 第1番 ニ短調 作品34 (1841年)
  • ピアノ・ソナタ 第2番 ヘ長調 (1853年)
  • ピアノ・ソナタ 第3番 イ短調 作品80 (1876年~1883年)
  • 多数の小品

オルガン曲[編集]

声楽曲[編集]

  • 歌劇
    • 大烏(Ravnen) 作品12 (1830年~1832年)
    • 海賊 (Korsarerne) 作品16 (1832年~1835年)
    • 小さなキアステン (Liden Kirsten) 作品44 (1844年~1846年)
  • カンタータ(多数)
  • アダム・エーレンシュレーヤーによるメロドラマ《金の角(Guldhornene)》作品11 (1832年)
  • 合唱曲
  • リート

参考資料・外部リンク[編集]

  • "Hartmann 3)" in Meyers Konversations-Lexikon, Leipzig and Vienna: Verlag des Bibliographischen Instituts, 1885–92, 4th ed., vol. 8, pp. 185–86.