交響曲第3番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第3番ニ長調 D200は、フランツ・シューベルト1815年に作曲した交響曲

作曲の経緯[編集]

1815年5月24日、シューベルトが18歳の時に作曲し、第2番から約2ヵ月を経て引き続き作曲した。最初の47小節は同年の5月に書き、残りの部分は同年の7月11日から19日の僅かな期間で書き上げた。シューベルトの交響曲の中で最も短いが、第1番、第2番より一層引き締まっており、楽器の使い方にも新しい効果がある。シューベルトの生前の演奏については不明な点が多く、よく分かっていない。1860年12月2日にウィーンの楽友協会の演奏会で、ヘルベックの指揮で終楽章のみが演奏された。また、全曲の初演は1881年2月19日にロンドンの「水晶宮コンサート」で、オーガスト・マンスの指揮によって行なわれた。

また第3番はモーツァルトハイドンの影響が濃いが、その前の交響曲第2番と比べると、シューベルトの個性が現れており、また民謡との関係が深い。ワルター・フェッターは、この曲の第2楽章が最も重要であるとし、その主題が14世紀のドイツの民謡「マリアの子守歌」とほとんど同じであると指摘している。

楽器編成[編集]

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦5部

構成[編集]

全4楽章の構成で、演奏時間は約23分。

第1楽章 アダージョ・マエストーソ ― アレグロ・コン・ブリオ、ニ長調、4分の4拍子。

 序奏付きのソナタ形式で、長く重々しい序奏がしずまると、アレグロ・コン・ブリオの主部となり、クラリネットによって第1主題が奏される。これは後の交響曲第8番の第1主題に似た、いかにもシューベルトらしい旋律である。

第2楽章 アレグレット、ト長調、4分の2拍子。

 3部形式。ハイドン風の明るさで、美しい楽章である。

第3楽章 メヌエット ヴィヴァーチェ、ニ長調、4分の3拍子。

 3部形式。上拍にアクセントを置いたスケルツォ風の主部に、レントラー風なトリオが対照される。

第4楽章 プレスト・ヴィヴァーチェ、ニ長調、8分の6拍子。

 タランテラ風なリズムを持つソナタ形式の楽章で、第1主題は曲頭に現れるもの、第2主題は弦と管とのかけ合いで奏される短い動機からなる。