カール・ツェラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ツェラー

カール・ツェラーCarl Adam Johann Nepomuk Zeller1842年6月19日 - 1898年8月17日)は、オーストリア作曲家である。

来歴[編集]

カール・ツェラーはオーストリア中部のザンクト・ペーター・イン・デア・アウ(en: Sankt Peter in der Au)で、内科医の父ヨハンと母マリア・アンナ・エリーザベトとの間の唯一の子として誕生した。父ヨハンは、彼が1歳の誕生日を迎える前に死去し、残された母はエルネスト・フリーディンガー(Ernest Friedinger)という人物と再婚した。ツェラー自身は1875年に、アンナ・マリア(Anna Maria Schwetz)と結婚している。

少年時代のツェラーはボーイソプラノの美声に恵まれていたため、ウィーン少年合唱団で歌っていた。彼はその後ウィーン大学に入学して、法律と作曲を学んだ。

ツェラーはオーストリア帝国の文部省で官吏として働きながら、歌曲オペレッタなどの作曲を続けた。彼の作品の中では、オペレッタ『小鳥売り』(1891年)などがよく知られている。彼の作品の台本の全てを執筆(または共同執筆)したのは、モーリッツ・ヴェスト(Moritz West)で、しばしばルートヴィヒ・ヘルト(Ludwig Held)と共同で執筆していた。

ツェラーの官吏としてのキャリアは、偽証などを含む法的な問題が起きてしまったために終わり、1890年代半ばに彼は投獄された(後にこの判決は撤回されている)。

1895年に氷上で転倒して負傷した後、晩年のツェラーは心身ともに病に苦しんだ。ツェラーは、バーデン・バイ・ウィーン肺炎により死去した。

主な作品[編集]

オペラ・コミック[編集]

  • Joconde (1876年)
  • Die Fornarina (1878年)

オペレッタ[編集]

  • Capitän Nicoll, oder Die Carbonari (1880年)
  • Der Vagabund (1886年)
  • 小鳥売り(Der Vogelhändler) (1891年)
  • Der Obersteiger (1894年)
  • Der Kellermeister (1901年、 Johannes Brandtによって完成)

外部リンク[編集]