カターニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カターニア
Catania
カターニアの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
シチリア州旗 シチリア
Blank.png カターニア
CAP(郵便番号) 95100
市外局番 095
ISTATコード 087015
識別コード C351
分離集落
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 293,104 [1](2012-01-01)
人口密度 1620.4 人/km2
文化
住民の呼称 catanesi
守護聖人 聖アガタ
祝祭日 2月5日
地理
座標 北緯37度31分0秒 東経15度4分0秒 / 北緯37.51667度 東経15.06667度 / 37.51667; 15.06667座標: 北緯37度31分0秒 東経15度4分0秒 / 北緯37.51667度 東経15.06667度 / 37.51667; 15.06667
標高 7 (0 - 380) [2] m
面積 180.88 [3] km2
カターニアの位置(イタリア内)
カターニア
カターニアの位置
カターニア県におけるコムーネの領域
カターニア県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

カターニアイタリア語: Catania ( 聞く))は、イタリア共和国シチリア島東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約29万人の基礎自治体コムーネ)。カターニア県県都である。

イオニア海に面した都市で、北方にはエトナ山が聳える。シチリア島ではパレルモに次いで2番目に大きな都市である。

名称[編集]

Catania は、[kaˈtanja] [4] もしくは [kaˈtaˈnia] [4]と発音される。日本語文献では「カターニア」のほか、「カターニャ」「カタニア」などとも表記される。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

カターニア県東部のコムーネである。カターニアの市街は、シラクサから北北西へ約51km、エンナから東へ約72km、メッシーナから南南西へ約87km、州都パレルモから東南東へ約166kmの距離にある。

都市の北方には、活火山のエトナ山が聳える。エトナ山は紀元前480年から紀元前461年に噴火している。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。SRはシラクーザ県所属。

歴史[編集]

紀元前8世紀頃、古代ギリシアの植民都市として建設されたが、第一次ポエニ戦争中の紀元前263年にローマ人に占領され、また11世紀後半にはノルマン人に略奪された。

1169年1693年には、エトナ山の噴火で出た溶岩及びそれに伴う地震により大損害を受けた。

1434年、シチリア島で最初の大学が、カターニアに設立された。

第二次世界大戦では爆撃で大きな被害をうけた。

スポーツ[編集]

サッカー[編集]

サッカーのクラブチーム、カルチョ・カターニアの本拠地である。カルチョ・カターニアは1946年創設のチームで、2006年に昇格して以降セリエA(1部リーグ)に属している(2012-2013シーズン現在)。ホームスタジアムはスタディオ・アンジェロ・マッシミーノ。パレルモに本拠も置くUSチッタ・ディ・パレルモとはライバル関係で、その試合はデルビー・ディ・シチリア(シチリア・ダービー)と呼ばれる。2007年には、カターニアでのパレルモとの試合でサッカー暴動が発生して死傷者が出、イタリアサッカー界に衝撃を与えた。

その他のスポーツ[編集]

女子水球クラブチームのASオリゾンテカターニアが本拠を置く。

姉妹都市[編集]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]