フェルナンド・コレーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェルナンド・コレーナ(Fernando Corena, 1916年12月22日 - 1984年11月26日[1][2][3]は、スイスバス歌手。本名は、フェルナンド・コレナ(Fernando Korena)。

ジュネーヴで、父親はトルコ人、母親はイタリア人の家庭に生まれる。フリブール大学で神学を学ぶも、地元の声楽コンテストで優勝したことから声楽に転向し、1937年から翌年までジュネーヴ音楽院で学んだ。その後、ヴィットリオ・グイの知己を得て、ミラノでエミリオ・ロマーニの薫陶を受けた。1940年にチューリッヒで歌手デビューを飾り、1947年にトリエステ歌劇場でモデスト・ムソルグスキーの《ボリス・ゴドゥノフ》のヴァルラーム役として登場して注目を集めた。1953年にはエディンバラ音楽祭ジュゼッペ・ヴェルディの《ファルスタッフ》の表題役、メトロポリタン歌劇場ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》でレポレロ役を演じて好評を博した。1955年にはザルツブルク音楽祭で《後宮からの誘拐》のオスミン役として初登場した。

ルガーノにて死去。

[編集]

  1. ^ Naxos
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]