声部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

音楽にあって、声部(せいぶ)またはパートとは、複数の演奏者が同時に演奏するとき、同じ音の動きをする演奏者の集団、またはひとりの演奏者、を言う。一般にはパートの語を使い、声部の語はより理論的、概念的なときに使うことが多い。楽譜を使う演奏の場合には、同一のパートは同一の音符演奏することになる。

また、より概念的に、例えばひとりで複数の音を出すときに、複数の演奏者による演奏に見立てて、それぞれの音の動きを声部またはパートと呼ぶことがある。

外声と内声[編集]

複数の声部が同時に演奏するとき、最も高い音を担当する声部と、最も低い音を担当する声部とを合わせて外声(がいせい)という。外声以外の声部を内声(ないせい)という。

たとえば混声四部合唱では、ソプラノとバスが外声で、アルトとテノールが内声に当たる。

関連項目[編集]