人類SOS!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人類SOS!
The Day of the Triffids
監督 スティーヴ・セクリー
フレディ・フランシス(クレジットなし)
脚本 フィリップ・ヨーダン
原作 ジョン・ウィンダム
製作 ジョージ・ピッチャー
製作総指揮 フィリップ・ヨーダン
出演者 ハワード・キール
ニコール・モーレイ
ジャネット・スコット
キーロン・ムーア
音楽 ロン・グッドウィン
撮影 テッド・ムーア
編集 スペンサー・リーヴ
配給 日本の旗 AA
公開 イギリスの旗 1962年7月
日本の旗 1963年9月4日
上映時間 94分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

人類SOS!』(じんるいエスオーエス!、The Day of the Triffids)は、1962年イギリス映画

概要[編集]

ジョン・ウィンダムのSF小説『トリフィド時代』の映画化作品である。『宇宙征服』などを手がけた脚本家のフィリップ・ヨーダンが脚色し、自ら製作総指揮も努めた。

撮影は『007シリーズ』のうち7作を担当したテッド・ムーア、特撮視覚効果)は『2001年宇宙の旅』にも参加するウォーリー・ヴィーヴァーズ、音楽はヒッチコック監督の『フレンジー』でゴールデングローブ作曲賞に推薦されるロン・グッドウィン。主演は、1950年の『アニーよ銃を取れ』などに出演したアメリカ人俳優のハワード・キールであった。

ストーリー[編集]

ある日、地球に大量の流星雨が降り注いだ。それを見た地球上の大部分の人々は、翌日には失明してしまったが、アメリカ人船員ビル・メイスンは、目に包帯を巻いて入院していたために失明を免れた。やがて、動き回る食肉植物トリフィドが現れ、目の見えなくなった人々を襲いながら急速に繁殖していく。ビルは、途中で目の見える少女スーザンを救い、安全な場所を求めてさ迷い続けた。一方、海岸の灯台に篭もっていた生物学者のグッドウィン夫妻も失明を免れていたが、トリフィドの魔手はその灯台にまで迫っていく。

原作との相違点[編集]

原作ではトリフィドは人間が食用のために栽培していたものであったが、本映画では流星に乗って宇宙から飛来したものという設定になっている。また、終盤にはトリフィドの意外な弱点が明らかとなり、原作より撃退に希望が持てる結末となっている。

キャスト[編集]

  • ビル・メイスン:ハワード・キール
  • クリスチャン・デュラント:ニコール・モーレイ
  • カレン・グッドウィン:ジャネット・スコット
  • トム・グッドウィン:キーロン・ムーア
  • スーザン:ジャニナ・フェイ

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮:フィリップ・ヨーダン
  • 製作:ジョージ・ピッチャー
  • 監督:スティーヴ・セクリー、フレディ・フランシス(クレジットなし)
  • 撮影:テッド・ムーア
  • 編集:スペンサー・リーヴ
  • 視覚効果:ウォーリー・ヴィーヴァーズ
  • 音楽:ロン・グッドウィン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]