トリフィド時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリフィド時代』(トリフィドじだい、原題The Day of the Triffids)はイギリスのSF作家ジョン・ウィンダムによって1951年に書かれた破滅テーマの長編SF小説である。

概要[編集]

古典文学中心のペーパーバックである「ペンギンブックス」に初収録されたSFであり、「SFが大人の鑑賞に堪える文学になった」として、世界の読書界に衝撃を与えた。

作品の訳題は複数あり、『トリフィドの日』『怪奇植物トリフィドの侵略』等もある。東京創元社から発行されている文庫本のタイトルには「食人植物の恐怖」という副題が付いている。

2001年にはサイモン・クラークにより続編"The Night of the Triffids"が書かれた。

1960年にはBBCによりラジオドラマ化、1962年には映画化(邦題『人類SOS!』)、1981年にはBBCによりテレビドラマ化された。このテレビドラマ版は日本未公開であったが、製作から四半世紀を経た2006年に邦題『デイ・オブ・ザ・トリフィド』でようやくDVDとしてリリースされた。

2009年12月には再びBBCにて、『ER緊急救命室』シリーズや『ロー・アンド・オーダー』などで知られる脚本家パトリック・ハビンソンのシナリオによる前後二部構成のテレビドラマが放送された。日本では『ラストデイズ・オブ・ザ・ワールド』の邦題で2012年にDVDがリリース。レンタル版DVDは[EPISODE 1:トリフィドの日]と[EPISODE 2:人類SOS]の2枚に分かれている。


あらすじ[編集]

ある夜、緑色の流星雨が流れ、世界中の人々がその天体ショーを目撃する。歩行する食用植物「トリフィド」の栽培場で働いていた主人公ビル・メイスンは、トリフィドの毒を持った鞭で目をやられた治療のために入院して目を包帯で覆っていたため、流星雨を目撃しなかった。その天体ショーの翌日はビルの包帯を取る日であったが、朝起きて周囲の様子が違うことに気が付いた彼は、自力で包帯を取る。流星雨を見た人々は皆、盲目となっていたのだった。ビルは、誰も目が見えず絶望に覆われたロンドンの街の中を歩き始める。

しかし、街の中にはビル以外にもさまざまな理由で流星雨を見なかったために目が見える人たちが、コミュニティを組んでいた。その一員になったビルは盲目になった人たちを助けていくが、目の見える人数の絶対的な少なさや都市機能の停止によって次第に盲目の人たちが重荷になり始め、この先どうするかが議論となる。そこへ追い討ちをかけるように、謎の疫病とトリフィドの脱走が発生する。

疫病で多くの仲間を失い、都市も田園もトリフィドに支配され始めたイギリスで、ビルたちはロンドンから脱出せざるを得ない羽目になる。各地の生き残りを集めながらイギリス国内を田園へ退却し、生存のための、トリフィドからの世界奪還のための戦いを始める。だがそれは、人類にとって圧倒的に不利な退却戦であった。ついにイギリス本土を放棄したビルたちは離島・ワイト島に移動すると、なんとか島内のトリフィドを根絶し、トリフィドに対する反攻と文明再建のための拠点を確保するのだった。

解説[編集]

冷戦のさなかに書かれ、その影響を強く受けた小説である。作中では、トリフィドが人間による遺伝子操作によって生み出されたことや、知性を持っているのではないかということが示唆される。また、流星雨も人類が宇宙に打ち上げていた人工衛星など何らかの兵器の作動であったのではないか、また流星雨の後に発生した謎の疫病もそうなのではないかというビルの推測が、物語の終盤で呈されている。尚、本作の「宇宙から地球上に向けて何かが落下してくる」という導入部や、「三本脚で歩きまわる敵にイギリスが占領される」など、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』との相似性が指摘されている。

トリフィド[編集]

トリフィド (Triffid) は、ウィンダムが考案した歩行性の肉食植物。3本の太く丈夫な根を持ち上げての歩行が可能であり、さらに頭部から生える猛毒の刺毛で動物を撲殺しては、その腐乱死体を栄養とする。

良質の植物油が採れるため、首輪と鎖をつけた状態で大規模栽培がされていたが、謎の原因により人類のほとんどが盲目となったいわゆる「トリフィドの日」以降は鎖を切断して野生化し、生き残った人類の大きな脅威となった。

トリフィド同士がなんらかの方法でコミュニケーションをとっている可能性のあることが、ビルの推理を交えて示唆されている。

『人類SOS!』では、ハエトリグサを思わせるデザインとなっている。

日本語訳[編集]

以下は絶版

  • 『トリフィドの日』峯岸久訳 ハヤカワ・SF・シリーズ3050 1963年7月
  • 『トリフィドの日』峯岸久訳 世界SF全集19 早川書房 1969年1月
  • 『怪奇植物トリフィドの侵略』中尾明訳 少年少女世界SF文学全集19 あかね書房 1973年3月
  • 『地球滅亡の日 植物人間』青木日出夫訳 SF恐怖シリーズ3 秋田書店 1974年11月
  • 『トリフィド時代』志貴宏訳 世界文学全集47 学習研究社 1978年

映画[編集]

1962年、イギリスにおいてスティーヴ・セクリー監督、ハワード・キール主演で映画化された。 なお、同映画内でのトリフィドが集団で人間を襲うシーンなどが、1968年のジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』でゾンビが人間を襲うシーン描写などに多大な影響を与えていることが知られている(※両映画のタイトルの相似にも注目)。

また、2009年にはイギリスのBBCによる同名のテレビ映画が作られている。1部あたり90分の2部構成で、出演はダグレイ・スコットジョエリー・リチャードソンブライアン・コックスヴァネッサ・レッドグレイヴエディー・イザードジェイソン・プリーストリーなど。

関連項目[編集]

  • 新人 (アルバム) - 筋肉少女帯のアルバム。本作を題材とした曲(「トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く」)が収録されている。