ジョン・ウィンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ウィンダム
John Wyndham
誕生 John Wyndham Parkes Lucas Beynon Harris[1]
1903年7月10日
イングランドの旗 イングランド ウォリックシャー州ノウル
死没 1969年3月11日(65歳)
職業 SF作家
国籍 イギリスの旗 イギリス
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・ウィンダムJohn Wyndham, 1903年7月10日 - 1969年3月11日)は、イギリス小説家SF作家。本名は、ジョン・ウィンダム・パークス・ルーカス・ベイノン・ハリス (John Wyndham Parkes Lucas Beynon Harris )。初期には本名から適当に部分を取り出して、ジョン・ベイノンやルーカス・パークスといった様々なペンネームを使っていた。

経歴[編集]

戦前まで[編集]

イングランドウォリックシャー州ノウル (Knowle) で法廷弁護士の父とバーミンガムの鉄工場主の娘の母との間に生まれた。幼少期はバーミンガム近郊のエジバストンで過ごしたが、8歳のときに両親が離婚したため、その後はイギリス各地の全寮制私立学校で過ごした。一番長く過ごしたのはハンプシャーBedales School で(1918年-1921年)、この学校を卒業したとき18歳だった。

卒業後は農業、法律、商業アート、広告など様々な職を転々としたが、親からの仕送りに頼って生活していることが多かった。1929年に『アメージング・ストーリーズ』を偶然に読み、それをきっかけにSFの創作を始めた[2]。1931年にはアメリカのSF系パルプ・マガジンに短編小説や連載が売れるようになっていた。デビュー作は1931年にアメリカのSF雑誌『ワンダー・ストーリーズ』に掲載された"Worlds to Barter"(世界交換)という短編[3]。当時はジョン・ベイノンまたはジョン・ベイノン・ハリスというペンネームを使っていた。また、探偵小説も書いていた。

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦中、ウィンダムはイギリス情報省Ministry of Information)で検閲官として働いていたが、後に陸軍に入隊し王立通信軍団で暗号オペレーターの伍長を務めた。ノルマンディー上陸作戦にも参加したが、上陸初日には参加していない[1]

戦後[編集]

戦後は執筆生活に戻る。そのころ、兄のビビアン・ベイノン・ハリスも作家になっており、既に4冊の長編を出版していたことが刺激になった。彼は作風を変え、1951年には初めてジョン・ウィンダムというペンネームを使うようになり、侵略テーマかつ破滅テーマSFの名作長編『トリフィド時代』を発表した。この本の広告では彼の戦前の著作は無視され、新人扱いされていたため、一般の人々はこれが処女長編だと見なしていた。

この本は大成功を収め、ウィンダムは一躍サイエンス・フィクションを代表する重要人物となった。当時、ジャンルSF出身作家の作品は、ほとんど単行本化されておらず、古典文学中心のペーパーバックである「ペンギンブックス」に初収録されたSFであり、「SFが大人の鑑賞に堪える文学になった」として、世界の読書界に衝撃を与えた。

その後ジョン・ウィンダムの名で続けて6作の長編小説を書き、出版した。それらは彼が死ぬまで版を重ねた。他に、やはり侵略ものの『海竜めざめる』、「光る眼」のタイトルで一度ならず映画化もされた『呪われた村』などの作品が有名。1950年代の映画界の、「宇宙人侵略テーマ映画」の大量発生にも、大きく影響を与えた。

1963年、20年以上の付き合いがあったグレース・ウィルソンと結婚し、彼の死まで添い遂げた。結婚を機にロンドンを離れ、かつて学んだ Bedales School のグラウンドが見える場所(ピータースフィールド)に移り住んだ。

65歳のとき、ピータースフィールドの自宅で死去。死後、未発表の作品が多数発見された。また、初期の作品の多くも再版された[4]

作風[編集]

ウィンダムの長編小説の多くは同時代(1950年代)のイギリスを舞台としている。イギリスのSF作家ブライアン・オールディスは『トリフィド時代』に代表されるそれらの作品をけなして "cosy catastrophes"(ぬるま湯の破滅もの)と称した[5]。これに反論したのが評論家の L.J. Hurst で、彼は『トリフィド時代』の主要登場人物が殺人や自殺や災難を目撃し、自らも命の危険に頻繁にさらされている点を指摘した[6]

ウィンダムのこのアプローチは(H・G・ウェルズが『宇宙戦争』で採用したものを若干思い出させるが)、彼が「スペースオペラにおける銀河のギャング」風と称した当時のSF小説の大半への反発から生まれたものだった。彼は長編になるほど多くのSF作家よりも人物形成に力を入れている。ウィンダムのSFは、惑星間の大災害がまさに「他の人々」(それに立ち向かう準備ができている人々)には起こらず、我々の繊細で複雑に入り組んだ文明はそれを扱えない、という主張において流行を作り出したと考えることもできる。同様に『海竜めざめる』で異星人が我々人類にはおかまいなしに地球を改造し始めたとき、ウィンダムは生態系全体の崩壊を強調しており、時代に先行していた。彼は一貫して人類が生態系の一部だと見ており、自然界は弱肉強食(テニスン風に言えば "red in tooth and claw")だと見ていた。

ウィンダムの長編には似たようなキャラクターがしばしば登場する。例えば、『呪われた村』、『トリフィド時代』、『海竜めざめる』の主人公たちは聡明な男女である。自立した教養ある男性と、時には頑固だが基本的にその男性に依存している女性という組合せは、ウィンダムの「論理的SF小説」と称したスタイルの反映である。つまり、このような人物設定は作品のテーマとも密接に関連しており、賢明で理性的な現代社会の中に1つだけ(『トリフィド時代』の場合は2つ)普通でない要因を導入するという手法である。作品中では、そのような要因が入り込んだことで我々がどう反応するかを極めて分析的に描く。その結果、『海竜めざめる』で端的に表されているように、我々は理解を超えるような状況を通常の尺度で合理的に解釈しようとして失敗する。そういう意味でウィンダムは我々の合理性を純粋に防御的なものとして描き、最終的には有害なものとして描く。

作品リスト[編集]

  • The Day of the Triffids (1951)
    • トリフィド時代 - 食人植物の恐怖』 井上勇訳、東京創元社
    • 『トリフィドの日』 峯岸久訳、早川書房
    • 『怪奇植物トリフィドの侵略』 中尾明訳、あかね書房(※児童向け抄訳)
  • The Kraken Wakes(Out of the Deeps) (1953)
    • 『海竜めざめる』 星新一訳、早川書房
    • 『海底の怪』 国松文雄訳、東京元々社
    • 『深海の宇宙怪物』 斉藤伯好、岩崎書店(※児童向け抄訳)
    • 『海竜めざめる』星新一訳 福音館書店(ボクラノSF) - 早川書房版の訳文に、岩崎版の長新太の挿絵
  • The Chrysalids(Re-Birth) (1955)
    • 『さなぎ』 峯岸久訳、早川書房
  • The Seeds of Time (1956)
    • 『時間の種』 大西尹明訳、東京創元社(※短編集)
  • The Midwich Cuckoos (1957)
    • 『呪われた村』 林克巳訳、早川書房
  • Trouble With Lichen (1960)
    • 『地衣騒動』 峯岸久訳、早川書房(※世界SF全集19巻所収)
  • Chocky (1968)
    • 『宇宙知性チョッキー』 峯岸久訳、早川書房
  • Web (1979)
    • 『ユートピアの罠』 峯岸久訳、東京創元社

参考:映画化された作品

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b Aldiss, Brian W.. “Oxford DNB article: Harris, John Wyndham Parkes Lucas Beynon”. Oxford Dictionary of National Biography. 2010年5月1日閲覧。
  2. ^ ハヤカワ文庫版『呪われた村』巻末解説「侵略テーマSFの巨匠」(早川書房編集部)に拠る
  3. ^ ブライアン・アッシュ『SF大図鑑』(サンリオ、1978年)に拠る
  4. ^ Literary Encyclopedia: John Wyndham”. Litencyc.com (2006年11月7日). 2010年5月1日閲覧。
  5. ^ Aldiss, Brian W. (1973). Billion year spree: the history of science fiction. Weidenfeld & Nicolson. ISBN 978-0297765554. (『十億年の宴―SF‐その起源と歴史』(浅倉久志訳、東京創元社、1980年)
  6. ^ "We Are The Dead" The Day of the Triffids and Nineteen Eighty Four by L.J. Hurst

外部リンク[編集]