光る眼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
光る眼
VILLAGE OF THE DAMNED
監督 ジョン・カーペンター
脚本 デイヴィッド・ヒメルスタイン
原作 ジョン・ウィンダム
製作 マイケル・プレガー
サンディ・キング
製作総指揮 テッド・ヴァーノン
ジェフ・ゴードン
アンドレ・ブレイ
出演者 クリストファー・リーヴ
音楽 ジョン・カーペンター
デイヴ・デイヴィス
撮影 ゲイリー・B・キッブ
編集 エドワード・A・ワーシルカ・ジュニア
製作会社 アメリカ合衆国の旗ユニバーサル・ピクチャーズ
オルファヴィル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗UIP
公開 アメリカ合衆国の旗1995年4月28日
日本の旗1995年10月28日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $22,000,000 (概算)[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$9,417,567
テンプレートを表示

光る眼」(ひかるめVillage of the Damned)は、1995年製作のアメリカ合衆国SFホラー映画。99分、カラー。

1960年のアメリカSF映画『未知空間の恐怖 光る眼』のリメイク作品。第16回ゴールデンラズベリー賞ワーストリメイク賞にノミネートされた。

スーパーマン』シリーズで知られるクリストファー・リーブの落馬事故前の最後の主演作。

ストーリー[編集]

カリフォルニア州の海沿いにある村・ミッドウィッチ。ある日、街中の人間全員が午前10時に気を失い、6時間後に目を覚ますと、街の女性全員が妊娠するという奇妙な事件が起こる。その女性たちから生まれた男女同数の子どもたちは、成長すると不気味な光る眼で大人たちの精神を操り、邪魔する者たちを容赦なく排除していく。

医師チャッフェは、子供たちとの間の壁を崩そうと努力するが、妻を「我が娘」マーラに操られ自殺させられ、それでもなおマーラが自分を親の愛に漬け込んで利用しているのを知り苦悩する。一方、「連れ合い」を生体解剖されて一人になってしまった少年デビッドは、仲間とは異なり人間の情に目覚め、マーラたちから白眼視される。

ある晩、ついに村人たちは暴動を起こすが、子供たちに容赦なく鎮圧される。その時チャッフェは、彼らの真の正体を突き止め、彼らの陰謀を阻止しようと最後の対決に臨む。壁を崩そうとしてきた彼が、心を読まれないよう固い『壁』を思い描いて…。

そしてすべてが終わったあと、デビッドと母親のジルは村を捨て、一筋の希望の光も見えない夜闇の中へと去っていった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
アラン・チェフィー医師 クリストファー・リーヴ 池田秀一 佐々木功
スーザン・ヴァーナー博士 カースティ・アレイ 相沢恵子 弘中くみ子
ジル・マクゴーワン リンダ・コズラウスキー 高島雅羅 佐々木優子
フランク・マクゴーワン マイケル・パレ 中原茂 山路和弘
メラニー・ロバーツ メレディス・サレンジャー 小野寺啓子
ジョージ牧師 マーク・ハミル 関俊彦 池田秀一
サラ ピッパ・ペアスリー
ベン・ブラム ピーター・ジェイソン
キャリー・ブラム コンスタンス・フォルスランド
バーバラ・チェフィー カレン・カーン 深見梨加
デヴィッド・マクゴーワン トーマス・デッカー 渕崎ゆり子 川田妙子
マーラ・チェフィー リンゼイ・ハーン 佐久間レイ こおろぎさとみ
ロバート コディ・ドーキン

日本語版製作スタッフ[編集]

  • テレビ朝日版 - 初放送1998年5月24日 『日曜洋画劇場
  • 演出 - 向山宏志
  • 翻訳 - 徐賀世子
  • 調整 - 遠西勝三
  • 効果 - VOX
  • 製作 - コスモプロモーション

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]]

外部リンク[編集]