ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女
Henry & June
監督 フィリップ・カウフマン
脚本 フィリップ・カウフマン
ローズ・カウフマン
原作 アナイス・ニン
製作 ピーター・カウフマン
出演者 マリア・デ・メディロス
フレッド・ウォード
ユマ・サーマン
リチャード・E・グラント
ケヴィン・スペイシー
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 ヴィヴィアン・ヒルグローヴ
ウィリアム・S・シャーフ
デデ・アレン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年10月5日
日本の旗 1991年1月5日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $23,472,449[1]
テンプレートを表示

ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女』(Henry & June)は、1990年に製作されたアメリカ合衆国の映画フィリップ・カウフマン監督。作家アナイス・ニンの日記を基に、まだ無名だったヘンリー・ミラーとその妻ジューンとの関係を描く。

概要[編集]

ストーリーはアナイス・ニンのパリ滞在中に書かれた1931年から32年までの日記を基にしている。カウフマン監督自身、1962年にアナイス本人と会ったことがあり、そのとき映画を作ることを彼女に打ち明けると励まされ、助言に従った[2]。製作は監督の息子ピーター・カウフマン、脚本は妻ローズ・カウフマンと共同執筆した。

MPAA(米国映画業協会)ではこの映画を理由に、従来のX指定に替わる新たなレイティングとして「NC-17」(17歳以下観覧禁止)を導入し、初の指定を受けた映画でもある。

ストーリー[編集]

1931年のパリ。アナイス・ニンは国際銀行家の夫ヒューゴーの仕事のため、パリに移る。アナイスには奔放な内面があり、それを日々日記に書きとめていた。ある日、別荘に客として招かれた無名の作家ヘンリー・ミラーと出会う。2人は互いの妖しい魅力に惹かれあっていく。

ある日アナイスがヘンリーと会うと、彼は2人目の妻で女優のジューンの映画を観て涙をこぼしていた。ニューヨークに残してきたのだが、互いに貧しかったことから彼女は自らの体を金持ちの「パパ」に売り、職のないヘンリーを養っていたのだった。やがてジューンはパリへやって来る。アナイスはバイ・セクシュアルで、強靭で大胆な性格を併せ持つ彼女にも惹きつけられ、愛し合うようになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Henry & June”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月21日閲覧。
  2. ^ 『ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女』 DVD・プロダクションノート参照

外部リンク[編集]