ダン・カーティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・カーティス
Dan Curtis
本名 R・ダニエル・カーティス
生年月日 1927年8月12日
没年月日 2006年3月27日(満78歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ブリッジポート
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
映画プロデューサー
ジャンル SFホラー

ダン・カーティスDan Curtis, 本名:R・ダニエル・カーティスR. Daniel Curtis, 1927年8月12日 - 2006年3月27日)は、アメリカ合衆国映画監督映画プロデューサー

経歴[編集]

カーティスの最も有名な作品は、テレビドラマ・シリーズ『Dark Shadows(ダーク・シャドウズ)』(1966年 - 1971年en:Dark Shadows)である。この作品はソープ・オペラ(昼ドラマ)ながら、吸血鬼をテーマとしたホラーで、『血の唇』(1970年en:House of Dark Shadows)、『Night of Dark Shadows』(1971年en:Night of Dark Shadows)と映画版も作られた。放映終了後も番組販売で放映され、1991年にはリメイク・シリーズが作られた。2004年にもワーナー・ブラザーズ・テレビジョン・ネットワークen:The WB Television Network)でリメイク・シリーズが企画されたが、作られたのはパイロット版(en:Dark Shadows (2004))のみだった。しかし、2007年ワーナー・ブラザーズが新作の映画化を企画し、吸血鬼バーナバス・コリンズ(en:Barnabas Collins)役にはジョニー・デップが予定されている[1]

カーティスは他にも多くのSF/ホラー作品を作り、リチャード・マシスンとよく組んだ。

SF/ホラー以外では、『戦争の嵐』(1983年)とその続編『War and Remembrance』(1988年en:War and Remembrance)というテレビ・ミニシリーズがあり、前者はエミー賞にノミネートされ、後者(あまりにも長かったため『戦争の黙示録』と『戦争と追憶』の2部に分けられた)もエミー賞15部門にノミネートされ、そのうち、最高ミニシリーズ賞、特殊効果賞、編集賞などを受賞した。

妻ノーマが亡くなった20日後の2006年3月27日、脳ガンで亡くなった。78歳だった。

主な監督作品[編集]

テレビ・シリーズ[編集]

テレビ映画[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エイガ.ドット.コムおよびシネマトゥデイにその記事がある。

外部リンク[編集]