ジョーン・ベネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーン・ベネット
Joan Bennett
ジョーン・ベネットJoan Bennett
ザ・サン・オブ・モンテ・クリストの場面より(1940年)
本名 Joan Geraldine Bennett
生年月日 1910年2月27日
没年月日 1990年12月7日(満80歳没)
出生地 ニュージャージー州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 映画、テレビ、舞台
活動期間 1916-1982
配偶者 ジョン・マリオン・フォックス (1926-1928)
ジーン・マーキー (1932-1937)
ウォルター・ウェンジャー英語版 (1940-1965)
デビッド・ワイルド (1978-1990)
著名な家族 リチャード・ベネット英語版(父)
エイドリアン・モリソン英語版(母)
コンスタンス・ベネット英語版(姉)
バーバラ・ベネット英語版(姉)

ジョーン・ベネット(Joan Bennett、本名:Joan Geraldine Bennett、1910年2月27日 - 1990年12月7日)は1930年代、40年代に人気を博したアメリカ合衆国女優

経歴[編集]

ニュージャージー州にて生まれる。両親は俳優リチャード・ベネット英語版と女優/著作権代理人エイドリアン・モリソン英語版[1]、姉は女優コンスタンス・ベネット英語版と女優/ダンサーのバーバラ・ベネット英語版。ジョーンの母方の祖父は著名なシェークスピアの俳優ルイス・モリソン英語版だった。その人は1860年代後期に舞台生活に乗り出した。彼女の母方の祖母ローズ・ウッドも女優だった。

ジョーンは彼女の両親と二人の姉と一緒の無声映画『The Valley of Decision』(1916年)でスクリーン・デビューした。

舞台で演じる以外、ベネットは無声映画の時代からトーキーの出現を通して、70以上の映画に出演した。おそらくフリッツ・ラング監督によるフィルム・ノワールで、最も記憶されている。

ベネットは長く成功した経歴の間、3つの異なる段階を持った。最初は魅力のあるブロンドの無邪気な少女、それから敏感なブルネットの、そして最後に、心の暖かい妻/母親像として。

1950年代初期に3人目の夫で有名映画プロデューサーのウォルター・ウェンジャー英語版が彼女のエージェントを撃って、負傷させたスキャンダルの後、ベネットの映画キャリアは打撃を受けた。伝えられるところによると、彼女はそのエージェントと浮気をしていた。

1960年代には、テレビの『Dark Shadows』 (1966-1971) で成功を収め、エミー賞にノミネートされた。

最後の映画出演作、『サスペリア』(1977年)では、サターン賞にノミネートされた。

主な出演作品[編集]

『Disraeli』の場面より(1929年)
飾窓の女』の場面より(1944年)
花嫁の父』の場面より(1950年)
公開年 邦題
原題
役名 備考
1928 浮かれ街道
Power
デイム
1929 ブルドッグ・ドラモンド
Bulldog Drummond
フィリス
三人の生霊
Three Live Ghosts
ローズ・ゴードン
薫る河風
The Mississippi Gambler
ルーシー・ブラックバーン
1930 海の巨人
Moby Dick
フェイス
二つの顔
Scotland Yard
ザンドラ
1931 愛の貸家
Many a Slip
パット・コスター
医者の妻
Doctors' Wives
ニナ
影を持つ女
Hush Money
ジョーン・ゴードン
1932 彼女は金満家がお好き
She Wanted a Millionaire
ジェーン・ミラー
山に住む女
Wild Girl
サロミー・ジェーン
金髪乱れて
Me and My Gal
ヘレン・ライリー
1933 若草物語
Little Women
エイミー
1935 白い友情
Private Worlds
サリー・マグレガー
ミシシッピ
Mississippi
ルーシー
今宵は二人で
Two for Tonight
ボビー・ロックウッド
モダン騎士道
She Couldn't Take It
キャロル・ヴァン・ダイク
モンテカルロの銀行破り
The Man Who Broke the Bank at Monte Carlo
ヘレン
1936 アメリカの恐怖
Big Brown Eyes
エヴァ・ファロン
航空十三時間
Thirteen Hours by Air
フェリス・ロリンズ
幸福は空から
Two in a Crowd
ジュリア・ウェイン
結婚の贈物
Wedding Present
ラスティ・フレミング
1937 ファッション・タイム
Vogues of 1938
ウェンディ
1938 再会
I Met My Love Again
ジュリー
テキサス人
The Texans
アイヴィー・プレストン
おしゃれ地獄
Artists and Models Abroad
パトリシア・ハーパー
貿易風
Trade Winds
ケイ・ケリガン
三銃士
'The Man in the Iron Mask'
マリア・テレーズ
1940 入江の向うの家
The House Across the Bay
ブレンダ・ベントレー
1941 マンハント
Man Hunt
ジェリー・ストークス
1944 飾窓の女
The Woman in the Window
アリス・リード
1945 愛への旅路
Nob Hill
ハリエット
緋色の街/スカーレット・ストリート
Scarlet Street
キティ・マーシュ
1947 決死の猛獣狩り
The Macomber Affair
マーガレット
浜辺の女
Scarlet Street
ペギー
扉の陰の秘密
Secret Beyond the Door...
セリア
1949 無謀な瞬間
The Reckless Moment
ルシア・ハーパー
1950 花嫁の父
Father of the Bride
エリー・バンクス
1951 可愛い配当
Father's Little Dividend
エリー・バンクス
1955 俺達は天使じゃない
We're No Angels
アメリア
1966-1971 Dark Shadows エリザベス・コリンズ・ストッダード テレビシリーズ、388エピソードに出演
1970 血の唇
House of Dark Shadows
エリザベス・コリンズ・ストッダード
1972 怪奇!超自然の眼
The Eyes of Charles Sand
アレクサンドラ テレビ映画
1977 サスペリア
Suspiria
マダム・ブラン

参照[編集]

  1. ^ Downey, Phil. “A Black, Jewish Officer in the Civil War”. Jewish-American History Documentation Foundation. 2011年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]