TOHOシネマズ日劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TOHOシネマズ   日劇
TOHO CINEMAS NICHIGEKI
TOHOシネマズ日劇がある有楽町センタービル・阪急側
情報
正式名称 TOHOシネマズ日劇
旧名称 日本劇場、日劇東宝、日劇プラザ、日劇PLEX(日劇1・日劇2・日劇3)
完成 1984年
開館 1984年10月6日
開館公演 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(日劇1)
おはん(日劇2)
アンナ・パブロワ(日劇3)
収容人員 (3館合計)2,136人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTSSDDS
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町2-5-1
有楽町センタービル阪急側9階~11階
位置 北緯35度40分25.2秒 東経139度45分45.8秒 / 北緯35.673667度 東経139.762722度 / 35.673667; 139.762722座標: 北緯35度40分25.2秒 東経139度45分45.8秒 / 北緯35.673667度 東経139.762722度 / 35.673667; 139.762722
アクセス JR有楽町駅銀座口、地下鉄有楽町駅A7出口よりすぐ
公式サイト 有楽町・日比谷 上映スケジュール(TOHOシネマズ)

TOHOシネマズ日劇(とうほうシネマズにちげき、: TOHO CINEMAS NICHIGEKI)は、TOHOシネマズ株式会社が経営・運営する東京都千代田区有楽町二丁目にある3つの映画館の総称。

概要[編集]

TOHOシネマズ日劇は有楽町センタービル(有楽町マリオン)の阪急MEN'S TOKYO側にあり、「スクリーン1」は11階に、「スクリーン2」と「スクリーン3」は9階にある。「日劇」の名称は、かつてこの地にあった「日本劇場」に由来する。

有楽町マリオンが竣工した1984年10月6日から2002年まで、3つのスクリーンの名称は「日本劇場」、「日劇東宝」、「日劇プラザ」であり、2002年の改装時からは、それぞれ「日劇1」、「日劇2」、「日劇3」、3館の総称が「日劇PLEX」であった。2006年10月に、運営会社が東宝株式会社から現在のTOHOシネマズ株式会社に変わり、2009年2月17日にスクリーン名と3館の総称が現在のものに改称されている。

2002年の全面改装では座席の大型化などにより鑑賞環境が改善されたのと引き換えに各館の定員数が減っている。2004年からは、全席指定制となった。2007年から1階窓口での扱いは、その日の上映分(当日券の購入、もしくは座席指定席券への引き換え)のみとなった。先売り券(2日前まで)は9階と11階の受付で販売している。2007年12月20日から連日レイトショー(20時以降の上映)を実施しており、料金は1,500円である。TOHOシネマズ株式会社が運営するようになってから上映編成が従来よりも自由になり、単館系作品(『不都合な真実』、『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』など)やTOHOシネマズ六本木ヒルズ系の洋画作品((『Xファイル:真実を求めて』など)をレイトショーとして上映することもある。2009年2月17日の館名変更と同時に、インターネットチケット販売「vit」、ポイントカード「シネマイレージカード」等のTOHOシネマズ名のシネコンと同様の制度が導入された。

なお、有楽町マリオンには他にも丸の内ピカデリー1・2・3という映画館がある。

各館の特徴[編集]

各館とも定員は車椅子用のスペースを含む。

スクリーン1(旧日劇1)[編集]

有楽町マリオン11階・定員946人(車椅子は2箇所)。オープン当時は「日本劇場」。常に洋画の大作が上映されている。東宝洋画系チェーンで、最大のチェーンマスターでもある。

代表作[編集]

日本劇場時代[編集]

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(オープニング上映作品)、『ゴーストバスターズ』、『ネバーエンディング・ストーリー』、『コマンドー』、『ハスラー2』、『オーバー・ザ・トップ』、『アンタッチャブル』、『ニューヨーク東8番街の奇跡』、『ランボー3/怒りのアフガン』、『レッドブル』、『3人のゴースト』、『カクテル』、『ゴースト/ニューヨークの幻』、『トータル・リコール』、『ゴッドファーザー PART III』、『バックドラフト』、『ケープ・フィアー』、『愛人/ラマン』、『フック』、『ホーム・アローン2』、『クリフハンガー』、『三銃士』、『ミセス・ダウト』、『メジャーリーグ2』、『ライオン・キング』、『トゥルーライズ』、『スピード』(第2作は日比谷スカラ座(現・TOHOシネマズスカラ座)で上映)、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ポカホンタス』、『クリムゾン・タイド』、『ブロークン・アロー』、『陽のあたる教室』、『ツイスター』、『ザ・ロック』、『インデペンデンス・デイ』、『デビル』、『ザ・エージェント』、『エアフォース・ワン』、『タイタニック』、『GODZILLA』(ハリウッド版)、『フラッド』、『プライベート・ライアン』、『アルマゲドン』、『シックス・センス』、『エンド・オブ・デイズ』、『グリーンマイル』、『チャーリーズ・エンジェル』、『ホワット・ライズ・ビニース』、『トゥームレイダー』、『スパイ・ゲーム』、『地獄の黙示録(2002年の特別完全版)』ほか

日劇1時代[編集]

アメリカン・スウィートハート』(改称後の第1作)、『ブラックホーク・ダウン』、『マイノリティ・リポート』、『戦場のピアニスト』、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』、『ザ・コア』、『バッドボーイズ 2バッド』、『アイ,ロボット』、『デイ・アフター・トゥモロー』、『ターミナル』、『ステルス』、『ボーン・スプレマシー』、『キング・コング(2005)』、『ジャーヘッド』、『イーオン・フラックス』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『マイアミ・バイス』、『ワールド・トレード・センター』、『エラゴン 遺志を継ぐ者』、『デジャヴ』、『ハンニバル・ライジング』、『トランスフォーマー』、『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』、『ボーン・アルティメイタム』、『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(TOHOシネマズスカラ座と同時上映)、『大いなる陰謀』、『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』、『ウォンテッド』、『地球が静止する日』、『マンマ・ミーア!』ほか

TOHOシネマズ日劇に改称後[編集]

『マンマ・ミーア!』(公開期間中に館名変更)、『ワルキューレ』、『天使と悪魔』、『ノウイング』、『ナイト ミュージアム2』、『私の中のあなた』、『イングロリアス・バスターズ』、『アバター3D上映)』、『ダレン・シャン -若きバンパイアと奇怪なサーカス-』、『ウルフマン』、『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』、『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』、『ナイト&デイ』、『トロン: レガシー(3D上映)』、『ウォール・ストリート』、『ツーリスト』、『ガリバー旅行記(3D上映)』、『ブラック・スワン』、『SUPER8/スーパーエイト』、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3D上映)』、『カウントダウンZERO(レイトショー)』、『ライフ -いのちをつなぐ物語-』、『猿の惑星: 創世記』、『パラノーマル・アクティビティ3(レイトショー)』、『ステキな金縛り』、『きみはペット』、『ドラゴン・タトゥーの女』、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』、『バトルシップ』、『メン・イン・ブラック3(3D上映)』、『アメイジング・スパイダーマン(3D上映)』、『プロメテウス(3D上映)』、『ボーン・レガシー』、『リンカーン/秘密の書(3D上映)』、『レ・ミゼラブル』、『オズ はじまりの戦い(3D上映)』、『リンカーン』、『オブリビオン』、『モンスターズ・ユニバーシティ(3D / 2D上映)』、『ワールド・ウォーZ(3D上映)』、『陽だまりの彼女』、『悪の法則』、『永遠の0』、『大脱出』、『ラッシュ/プライドと友情』、『アナと雪の女王』、『アメイジング・スパイダーマン2(3D上映)』、『ノア 約束の舟』、『GODZILLA ゴジラ(3D / 2D上映)』

シリーズ作品[編集]

ジェームズ・ボンド シリーズ(『007 美しき獲物たち』、『007 消されたライセンス』、『007 ゴールデンアイ』)、『エイリアン』シリーズ(2以降)、インディ・ジョーンズ シリーズ(第3作『最後の聖戦』と第4作『クリスタル・スカルの王国』)、『ターミネーター』シリーズ(第4作『ターミネーター4』は丸の内ピカデリー1で上映)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『プレデター』シリーズ(第3作『プレデターズ』はTOHOシネマズ有楽座で上映)、『ロボコップ』シリーズ、『ダイ・ハード』シリーズ(第1作、『第4作』、『第5作』。第2作第3作は、TOHOシネマズスカラ座で上映)、『ジュラシック・パーク』シリーズ、『スター・ウォーズ』シリーズ(エピソード123)、『ハムナプトラ』シリーズ、『ミッション:インポッシブル』シリーズ(『M:I-2』、『M:i:III』、『M:I:ゴースト・プロトコル』)、『X-MEN』シリーズ(第1作、第2作と新章『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』、『ウルヴァリン: SAMURAI』。第3作『ファイナル ディシジョン』と第5作目『ファースト・ジェネレーション』はTOHOシネマズスカラ座で上映)、『スパイダーマン』シリーズ、『レッドクリフ』(Part I・Part II、スクリーン3と同時上映)

スクリーン2(旧日劇2)[編集]

有楽町マリオン9階(スクリーン3の左側)・定員667人(車椅子は1箇所)。オープン当時は「日劇東宝」。東宝邦画系作品が上映されている。東宝邦画系チェーンのチェーンマスターでもある。1カ月に1作程度の割合で、新作が公開される。

代表作[編集]

日劇東宝時代[編集]

おはん』(オープニング上映作品)、『』、『ビルマの竪琴(1985)』、『夜叉』、『鹿鳴館』、『竹取物語』(沢口靖子主演、市川崑監督版)、『となりのトトロ』&『火垂るの墓』、『敦煌』、『タスマニア物語』、『稲村ジェーン』、『就職戦線異状なし』、『あの夏、いちばん静かな海。』、『まあだだよ』、『水の旅人 侍KIDS』、『高校教師』、『ヒーローインタビュー』、『忠臣蔵 四十七人の刺客』、『バースデイプレゼント』、『Shall we ダンス?』、『八つ墓村』(豊川悦司主演、市川崑監督版)、『パラサイト・イヴ』、『ラヂオの時間』、『らせん』、『踊る大捜査線 THE MOVIE』、『死国』、『秘密』、『ISOLA 多重人格少女』、『どら平太』、『世にも奇妙な物語 映画の特別編』、『みんなのいえ』、『仄暗い水の底から』ほか

日劇2時代[編集]

ソウル』(改称後の第1作だが最終週のみ)、『黄泉がえり』、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『いま、会いにゆきます』、『ローレライ』、『交渉人 真下正義』、『容疑者 室井慎次』、『あらしのよるに』、『NANA2』、『愛の流刑地』、『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』、『眉山』、『舞妓Haaaan!!!』、『Life 天国で君に逢えたら』、『クローズド・ノート』、『マリと子犬の物語』、『チーム・バチスタの栄光』、『クローバーフィールド/HAKAISHA』(レイトショー)、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』、『花より男子FINAL』、『容疑者Xの献身』、『ハッピーフライト』、『K-20 怪人二十面相・伝』ほか

TOHOシネマズ日劇に改称後[編集]

アンダーワールド ビギンズ』(レイトショー)、『余命1ヶ月の花嫁』、『真夏のオリオン』、『トランスフォーマー/リベンジ』、『カイジ 人生逆転ゲーム』、『ゼロの焦点』、『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』(前編)、『ゴールデンスランバー』、『パラノーマル・アクティビティ』(レイトショー)、『FLOWERS -フラワーズ-』、『ハナミズキ 君と好きな人が百年続きますように』、『十三人の刺客(2010)』、『雷桜』、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『僕と妻の1778の物語』、『SP THE MOTION PICTURE 革命篇(レイトショー、TOHOシネマズスカラ座からのムーブオーバー)』、『岳-ガク-』、『星守る犬』、『アンダルシア 女神の報復』、『デビル』(レイトショー)、『ドライブ・アングリー3D』(レイトショー)、『ピラニア3D』(レイトショー)、『神様のカルテ』、『DOG×POLICE 純白の絆』、『カイジ2 人生奪回ゲーム』、『源氏物語 千年の謎』、『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』、『世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶』(レイトショー)、『トロール・ハンター』(レイトショー)、『マンイーター』(レイトショー)、『宇宙兄弟』、『映画 ホタルノヒカリ』、『シャーク・ナイト』(レイトショー)、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(レイトショー)、『あなたへ』、『ツナグ』、『悪の教典』、『映画 妖怪人間ベム』、『ストロベリーナイト』、『テッド』(レイトショー、TOHOシネマズスカラ座からのムーブオーバー)、『パリ・オペラ座へようこそ「ドン・キホーテ」(プレ上映)』(レイトショー、TOHOシネマズみゆき座からのムーブオーバー)、『コドモ警察』(レイトショー)、『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』(レイトショー)、『県庁おもてなし課』、『奇跡のリンゴ』、『飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』(レイトショー)、『ガッチャマン』、『謝罪の王様』、『スティーブ・ジョブズ』、『清須会議』、『47RONIN』、『抱きしめたい -真実の物語-』、『伝説のレーサーたち 〜命をかけた戦い〜』(レイトショー)、『それでも夜は明ける』(レイトショー)、『鷹の爪7 女王陛下のジョブーブ』(レイトショー)、『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』(レイトショー)、『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』、『春を背負って』、『エスケイプ・フロム・トゥモロー』(レイトショー)、『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』(レイトショー)、『ルパン三世

シリーズ作品[編集]

ゴジラ』シリーズ、『ホイチョイ・ムービー』シリーズ(全5作)、『夜逃げ屋本舗』3部作、『学校の怪談』(全4作)、『リング』3部作、『トリック劇場版』(第1作、第2作第3作)、『海猿 ウミザル』(第1作、第2作)、『着信アリ』(第1作、第2作。完結篇『Final』は有楽座(現・TOHOシネマズ有楽座)で上映)、『ALWAYS 三丁目の夕日』(正編・続編)、『20世紀少年』(全3章。第2章の公開期間中に現在の館名に変更)、『ドラえもん』シリーズ(『宇宙小戦争』以降)、『クレヨンしんちゃん』シリーズ(第2作以降。第1作はニュー東宝シネマ1(現・TOHOシネマズ有楽座)で上映)、『ポケットモンスター』シリーズ(第2作及び第4作以降。第1作はニュー東宝シネマ(現・TOHOシネマズ有楽座)で上映)、『とっとこハム太郎』シリーズ(第3作まで。最終作は日比谷スカラ座2(現・TOHOシネマズみゆき座)で上映)

スクリーン3(旧日劇3)[編集]

有楽町マリオン9階(スクリーン2の右側)・定員523人(車椅子は1箇所)。オープン当時は「日劇プラザ」。洋画と邦画の区別なく上映されている。東宝洋画系チェーンのチェーンマスターの1つで、ファミリー向けがメインであるとされている。しかし最近では、スクリーン1で拡大ロードショー時に利用されたり、スクリーン1・2、またはTOHOシネマズスカラ座からのムーブオーバーに利用されたりすることも多い。

代表作[編集]

日劇プラザ時代[編集]

アンナ・パブロワ』(オープニング上映作品)、『プロテクター』、『ランボー/怒りの脱出』、『コクーン』、『トップガン』、『グレート・ブルー』、『ロジャー・ラビット』、『キンダガートン・コップ』、『美女と野獣』、『硝子の塔』、『平成狸合戦ぽんぽこ』、『9か月』、『もののけ姫』、『ピースメーカー』、『アミスタッド』、『ドクター・ドリトル』、『恋におちたシェイクスピア』、『ターザン』、『トイ・ストーリー2』、『劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI』、『60セカンズ』、『ウェディング・プランナー』、『PLANET OF THE APES/猿の惑星』、『ブリジット・ジョーンズの日記』ほか

日劇3時代[編集]

エネミー・ライン』(改称後の第1作)、『光の旅人 K-PAX』、『スチュアート・リトル2』(第1作日比谷映画で上映)、『ボーン・アイデンティティー』、『シモーヌ』、『阿修羅のごとく』、『ブルース・オールマイティ』、『サンダーバード』、『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』(第1作は日比谷スカラ座で上映)、『AVP』、『AVP2 』(レイトショー)、『2046』、『オペラ座の怪人』、『ナショナル・トレジャー』、『ロボッツ』、『NANA』、『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』、『THE 有頂天ホテル』、『連理の枝』、『ゲド戦記』、『オープン・シーズン』、『ドリームガールズ』、『ホリデイ』、『レミーのおいしいレストラン』、『ミス・ポター』、『スターダスト』、『椿三十郎(2008)』、『シルク』、『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』、『魔法にかけられて』、『少林少女』、『ザ・マジックアワー』、『ハプニング』、『セックス・アンド・ザ・シティ』(第2作は丸の内ピカデリー1で上映)、『アイアンマン』(第2作はTOHOシネマズスカラ座で上映)、『私は貝になりたい』、『チェ』(28歳の革命・39歳 別れの手紙)ほか

TOHOシネマズ日劇に改称後[編集]

『チェ 39歳 別れの手紙』(公開期間最終盤に館名変更)、『チェンジリング』、『DRAGONBALL EVOLUTION』、『ピンクパンサー2』(夜のみ)、『ラスト・ブラッド』、『ボルト(3D上映)』、『サブウェイ123 激突』、『ワイルド・スピード MAX』、『スペル』、『カールじいさんの空飛ぶ家(3D上映)』、『オーシャンズ』、『恋するベーカリー』、『LIAR GAME The Final Stage』、『ハート・ロッカー』(レイトショー)、『のだめカンタービレ 最終楽章』(後編)、『告白』、『トイ・ストーリー3(3D上映)』、『魔法使いの弟子』、『THE LAST MESSAGE -ザ・ラストメッセージ- 海猿(3D上映)』、『ロビン・フッド』、『アンストッパブル』、『幸せの始まりは』、『パラノーマル・アクティビティ2(レイトショー)』、『ウォール・ストリート(スクリーン1からのムーブオーバー)』、『ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島(3D上映)』、『阪急電車 片道15分の奇跡』、『アジャストメント』、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』、『星守る犬(スクリーン2からのムーブオーバー)』、『美しき棘』、『この愛のために撃て』、『カーズ2(3D上映)』、『アンフェア the answer』、『ワイルド・スピード MEGA MAX』、『インモータルズ -神々の戦い-(3D上映)』、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(3D上映、TOHOシネマズスカラ座からのムーブオーバー)』、『friends もののけ島のナキ(3D・2D上映)』、『フライトナイト/恐怖の夜(3D上映、TOHOシネマズ有楽座からのムーブオーバー)』、『ALWAYS 三丁目の夕日'64(TOHOシネマズスカラ座、TOHOシネマズ有楽座からのムーブオーバー)』、『TIME/タイム』、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、『Black & White/ブラック & ホワイト』、『ファミリー・ツリー』、『スノーホワイト』、『プレイヤー(レイトショー)』、『そして友よ、静かに死ね(レイトショー)』、『リヴィッド(レイトショー)』、『メリダとおそろしの森(3D上映)』、『アベンジャーズ(3D上映)』、『ハンガー・ゲーム』、『TRICERATOPS GOING TO THE MOON 15TH ANNIVERSARY』、『INFINITE CONCERT SECOND INVASION EVOLUTION 3D(3D上映)』、『終の信託』、『東京フィルメックス公演各種』、『復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』、『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語(3D上映、TOHOシネマズ有楽座からのムーブオーバー)』、『フランケンウィニー(3D / 2D上映)』、『007 スカイフォール』、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(3D上映)』、『アンナ・カレーニナ』、『アイアンマン3(3D上映)』、『グランド・マスター』、『フランス映画祭2013』、『真夏の方程式』、『ワイルド・スピード EURO MISSION(TOHOシネマズ有楽座からのムーブオーバー)』、『スター・トレック イントゥ・ダークネス(3D上映)』、『クロニクル』、『劇場版 野王』、『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』、『ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987』、『陽だまりの彼女(スクリーン1からのムーブオーバー)』、『東京フィルメックス公演各種』、『かぐや姫の物語』、『ウォーキングwithダイナソー』、『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』、『LIFE!』、『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』、『大空港2013(レイトショー)』、『テルマエ・ロマエII』、『ポンペイ(3D / 2D上映)』、『マレフィセント(3D / 2D上映)』、『トランスフォーマー/ロストエイジ(3D / 2D上映)』

ただし、TOHOシネマズ日劇(スクリーン1・2・3)への改称後は客入りなどで、上映館が3館内で変わることもたびたびある。

外部リンク[編集]