ライアンの娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライアンの娘
Ryan's Daughter
Slea Head、アイルランドのディングル半島。『ライアンの娘』が撮影された。
監督 デヴィッド・リーン
脚本 ロバート・ボルト
製作 アンソニー・ハヴロック=アラン
出演者 ロバート・ミッチャム
サラ・マイルズ
トレバー・ハワード
ジョン・ミルズ
音楽 モーリス・ジャール
撮影 フレディ・ヤング
編集 ノーマン・サヴェージ
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 イギリスの旗 1970年12月9日
日本の旗 1971年4月24日
上映時間 195分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $15,000,000
テンプレートを表示

ライアンの娘』(ライアンのむすめ、原題: Ryan's Daughter)は、1970年イギリス映画

独立戦争前のアイルランドの寒村を舞台に、駐在しているイギリス軍将校と、その村に住む人妻ロージーとの不倫を通して描かれるヒューマン・ドラマ。監督は『アラビアのロレンス』などで知られるデヴィッド・リーン

1970年のアカデミー賞では、助演男優賞撮影賞を受賞した。

あらすじ[編集]

20世紀初頭、独立運動が秘かに行なわれているアイルランドの港町。古い因習を嫌う美しい娘ロージーは、年の差が離れた教師チャールズと結婚式を挙げた。しかし彼との平凡な日常生活に不満足なロージーは、赴任してきたイギリス軍将校のランドルフと不倫関係を結ぶ。あるとき、武器を陸揚げしていた、イギリスからの独立を望む男たちが逮捕されるという事件が起こり、ロージーは裏切り者の烙印を押されてしまう。そんなとき、彼女のそばにいて支えてくれたのは、彼女が裏切り続けていた夫のチャールズであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャールズ・ショーネシー ロバート・ミッチャム 宮川洋一
ロージー・ライアン サラ・マイルズ 小原乃梨子
コリンズ神父 トレヴァー・ハワード 大久保正信
トーマス・ライアン レオ・マッカーン 北村和夫
ランドルフ・ドリアン クリストファー・ジョーンズ 津嘉山正種
ティム・オリアリー バリー・フォスター 青野武
マイケル ジョン・ミルズ
翻訳:古田由紀子

主な受賞歴[編集]

備考[編集]

外部リンク[編集]