国際諜報局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際諜報局
The Ipcress File
監督 シドニー・J・フューリー
脚本 ビル・キャナウェイ
ジェームズ・ドーレン
原作 レン・デイトン
『イプクレス・ファイル』
製作 ハリー・サルツマン
出演者 マイケル・ケイン
音楽 ジョン・バリー
撮影 オットー・ヘラー
編集 ピーター・ハント
製作会社 Lowndes Productions Limited
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 1965年3月[1]
アメリカ合衆国の旗 1965年8月2日[1]
日本の旗 1965年10月23日[2]
上映時間 109分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
次作 パーマーの危機脱出
テンプレートを表示

国際諜報局』(こくさいちょうほうきょく、The Ipcress File)は、1965年イギリスアクション映画

概要[編集]

ストーリーはレン・デイトンが1961年に発表した小説『イプクレス・ファイル』が原作。イアン・フレミングの原作による派手なプレイボーイ・スパイのジェームズ・ボンドが小説で人気を集め、映画化も持ち上がっていた時期に、そのアンチテーゼとして執筆された。「労働者階級の横着なサラリーマンスパイ」が、冷戦下の東西対立を背景に、敵の見えない錯綜した謀略に巻き込まれてゆくスパイ・サスペンスで、洗脳をストーリーに取り入れた点でもユニークな作品である。

ジェームズ・ボンドを皮肉ったような晦渋かつ韜晦だらけの原作であったが、ボンド映画のプロデューサーの一人でもあるハリー・サルツマンに気に入られ、音楽まで初期ボンド映画の担当でもあったジョン・バリーを起用して映画化されることになった。

原作を巧みにダイジェストしたシリアスな脚本と、シドニー・フューリーの硬質な演出[3]、オットー・ヘラーの撮影による強いコントラスト・色彩を活かした映像(赤色が巧みにモチーフとして使われている)、そして主人公ハリー・パーマー役のマイケル・ケインの、半ば飄々としつつもハードボイルドな演技が相乗して個性的なスパイアクション映画となり、1965年の英国アカデミー賞で作品・撮影等計3部門を受賞するなど、高く評価された。1999年の英国映画協会(BFI)による20世紀のイギリス映画トップ100では59位にランクされている。

アンチヒーローの設定[編集]

主人公は原作では全編名無しで描写されていたが、さすがに映画で無名を通すのは難しいため、マイケル・ケインとハリー・サルツマンらは「できるだけ『間抜けに聞こえる』名を付けよう」という基準で「ハリー・パーマー」という締まらない名前を考え出した(「ハリー」の名は、話し合いの最初でケインが口を滑らせて思い付いてしまったものだが、サルツマンはへこみつつも「それでいい」と運命を受け入れた)。

主人公パーマーは、アクションに似つかわしくない黒縁眼鏡を着用、育ちの悪さを露呈させるあけすけな下層階級なまりで、1960年代前期当時の男性としては珍しく料理一切を自分で作り、スーパーマーケットへ買い物に行くような男として描かれている。原作の設定をさらに巧みに誇張した形である。

オープニングタイトルは、ジョン・バリーのミディアムテンポで流れる緊張感あふれるテーマ曲をバックに始まる。朝、一人暮らしのアパートで起床したパーマーが手際よく身繕いし、自ら淹れたコーヒーを飲みつつも、下世話な大衆新聞ザ・サン」の求人欄をチェックする(転職したいという目論見満々の)様子を描写し、ジェームズ・ボンドと対極にある等身大なアンチヒーローの姿をユーモア混じりに提示した。それだけにシリアスなシークエンスでのパーマーのリアルな硬派ぶりが際立ち、ありきたりのヒーローとは異なった個性ある主人公像を作り出すことに成功している。

なお自身料理も得意なデイトンは、パーマーが自宅で料理をするシークエンスで、ケインの顔が映るシーン以外を代役し、卵を片手で割ってフライパンに落とすなど、料理の鮮やかな腕前を見せている。

続編と後年への影響[編集]

デイトン原作、ケイン主演の本作は好評で、本作とその続編はハリー・パーマー三部作として1966年に『国際諜報局/パーマーの危機脱出』(ガイ・ハミルトン監督)、1967年に『国際諜報局/10億ドルの頭脳』(ケン・ラッセル監督)が製作された。その約30年後にロシアサンクトペテルブルクの撮影所レンフィルムを利用しロシアロケしたオリジナルのテレビ・ムービーとして『国際諜報員ハリー・パーマー/Wスパイ』『国際諜報員ハリー・パーマー/三重取引』の2作が製作された。いずれの作品もハリー・パーマー役はマイケル・ケインが演じた。

パーマー三部作は、サスペンス映画としての優れた内容と、マイケル・ケインのはまり役ともいうべき好演とが相まって、1960年代に大量に作られた007亜流のスパイ映画一般とは別格のカルト的な評価を受けており、特にイギリスでは後年まで人気が高い。

のちに制作されたコメディスパイ映画『オースティン・パワーズ』の主人公はハリー・パーマー のパロディキャラクターであり、それは「主人公が眼鏡着用」という設定に端的に表れている。3作目では、マイケル・ケインが主人公の父親役として様相も同じにして登場した。

劇中でハリー・パーマーの顔の一部と言えるほどの存在感を示したセルの黒縁眼鏡フレームは、イギリスの老舗オリバー・ゴールドスミスの「コンサル」で、パーマーゆかりのモデルとなり、後年復刻モデルが作られるほどの定番製品となっている。

ストーリー[編集]

イギリス陸軍軍曹ハリー・パーマーはベルリン駐留中、軍の物資横流し行為を働いていた厄介者。悪事露見で逮捕されたが、その抜け目のなさを英国国防省のロス大佐に見込まれ、懲役免除の代わりにスパイ活動を引き受けさせられた、わけありの男である。

原子力技術の権威ラドクリフ博士が何者かに誘拐される事件が起き、パーマーはダルビー少佐率いる秘密情報部に派遣されて行方を探すことになった。どうやら国際的な営利誘拐組織が、ラドクリフの身柄を東西両陣営に金次第で売り飛ばそうと目論んでいるらしい。捜査過程で「イプクレス(Ipcress)」なる意味不明の謎のワードが浮上する。

四苦八苦の末に誘拐組織とコンタクトを取り、多額の身代金でラドクリフを取り戻したパーマーたちだったが、この時射殺した怪しい人物はやはり誘拐組織を追っていたアメリカ中央情報局(CIA)の局員と判明。パーマーたちはCIAと険悪な状態に陥る。しかも救い出したラドクリフは洗脳によって精神を破壊されていた。

パーマーたちは誘拐組織を追求するため捜査を進めるが、続いてパーマーの同僚、CIAの工作員が立て続けに殺害される。身辺の危機を悟ったパーマーは身を隠そうとするが敵手に落ち、過酷な洗脳措置にかけられることになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TV版
ハリー・パーマー マイケル・ケイン 金内吉男
ダルビー ナイジェル・グリーン 家弓家正
ロス ガイ・ドールマン 西田昭市
ジーン スー・ロイド 来宮良子
カーズウェル ゴードン・ジャクソン 田中信夫
ラドクリフ オーブリー・リチャーズ
ブルージェイ フランク・ガトリフ 滝口順平
バーニー トーマス・バプティスト

スタッフ[編集]

  • 製作:ハリー・サルツマン
  • 監督:シドニー・J・フューリー
  • 製作総指揮:チャールズ・D・カッシャー
  • 脚本:ビル・キャナウェイ、ジェームズ・ドーレン
  • 撮影:オットー・ヘラー
  • プロダクションデザイン:ケン・アダム
  • 美術:ピーター・マートン
  • 編集:ピーター・ハント
  • キャスティング: ウェストン・ドルーリー・Jr
  • 音楽:ジョン・バリー

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
英国アカデミー賞 英国作品賞 シドニー・J・フューリー 受賞
最優秀英国男優賞 マイケル・ケイン ノミネート
脚本賞 ビル・キャナウェイ
ジェームズ・ドーレン
撮影賞(カラー部門) オットー・ヘラー 受賞
美術賞(カラー部門) ケン・アダム

脚注[編集]

  1. ^ a b Release dates for The Ipcress File”. IMDb. 2012年1月4日閲覧。
  2. ^ 国際諜報局”. キネマ旬報社. 2012年1月4日閲覧。
  3. ^ 若手監督のフューリーを起用したのはプロデューサーのサルツマンだったが、いざ撮影が始まるとサルツマンはフューリーの演出についていちいち執拗な注文を付け、余りの煩さに耐えられなくなったフューリーが自ら監督解任を要望すると、サルツマンが慌てて引き留めに回るような事態も見られたという。当然だがフューリーはパーマー三部作をこの一作目だけで降りた。

外部リンク[編集]