マリア・シュナイダー (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・シュナイダー
Maria Schneider
Maria Schneider
2001年クレテイユ国際女性映画祭(パリ)にて
本名 Marie Christine Gélin
生年月日 1952年3月27日
没年月日 2011年2月3日(満58歳没)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
死没地 フランスの旗 フランス・パリ
身長 168 cm[1]
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1969年 - 2008年
家族 ダニエル・ジェラン(父)
主な作品
ラストタンゴ・イン・パリ

マリア・シュナイダー(Maria Schneider、本名:Marie Christine Gélin、1952年3月27日2011年2月3日)はフランスパリ出身の女優。父親はフランスの名優ダニエル・ジェランである。

略歴[編集]

パリに私生児として生まれる。モデルを経て女優に転身し1969年から映画に出演しはじめる。72年にマーロン・ブランドと共演した『ラストタンゴ・イン・パリ』で注目を浴びる。これは父のダニエルが、ブランドの古くからの友人であったのと、監督のベルナルド・ベルトルッチとブランドの推薦によるものであった。しかし、当時はあまりにスキャンダラスな内容だったため、女優としての波乱を余儀なくされ、1970年代はドラッグの問題を抱えたり、自殺未遂を図った事もある。その後もトラブルも多く、『欲望のあいまいな対象』など頓挫してしまった作品も少なくない[2]

1974年にはバイセクシュアルであることを公表している[3][4]

2011年2月3日ガンのため死去[5]。58歳没。

代表作[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1969 クリスマス・ツリー
L'arbre de Noël
クレジットなし
1970 栗色のマッドレー
Madly
1971 花のようなエレ
Hellé
ニコル
1972 ラストタンゴ・イン・パリ
Last Tango in Paris
ジャンヌ
1974 さすらいの二人
Professione: reporter
少女
1975 危険なめぐり逢い
La baby sitter
ミシェル
1978 女教師ベニーナの性
Io sono mia
スーナ
1979 夜よ、さようなら
La dérobade
Maloup
1980 キラー・トラック
Haine
マデレーン
みんなドラキュラ
Mama Dracula
ナンシー・ハワイ
1984 ヨーロッパ特急 日本映画
1989 バンカー・パレス・ホテル
Bunker Palace Hôtel
ミュリエル
1992 野性の夜に
Les nuits fauves
ノリア
1996 ジェイン・エア
Jane Eyre
バーサ
2002 愛のはじまり
La repentie
シャーロットの姉妹
2006 クロイツェル・ソナタ 愛と官能の二重奏
Quale amore

参照[編集]

  1. ^ Maria Schneider (I) - Biography” (英語). IMDb. 2013年6月16日閲覧。
  2. ^ Maria Schneider Internet Movie Database
  3. ^ Hadleigh, Boze (2001), The Lavender Screen: The Gay and Lesbian Films, Citadel Press, p. 81, ISBN 0806521996 
  4. ^ Abrams, Richard M. (2006), America Transformed: Sixty Years of Revolutionary Change, 1941-2001, Cambridge University Press, p. 165-6, ISBN 0521862469 
  5. ^ “マリア・シュナイダーさん死去”. 共同通信 47NEWS. (2011年2月4日). http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020301000865.htm 2011年2月3日閲覧。 

外部リンク[編集]