さすらいの二人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さすらいの二人
Professione: reporter
監督 ミケランジェロ・アントニオーニ
脚本 ミケランジェロ・アントニオーニ
マーク・ペプロー
ペーター・ワレン
製作 カルロ・ポンティ
出演者 ジャック・ニコルソン
マリア・シュナイダー
音楽 イヴァン・ヴァンドール
撮影 ルチアーノ・トヴォリ
公開 イタリアの旗 1975年2月28日
日本の旗 1976年5月14日
上映時間 124分
製作国 イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
フランスの旗 フランス
言語 英語
スペイン語
フランス語
ドイツ語
テンプレートを表示

さすらいの二人』(さすらいのふたり、イタリア語: Professione: reporter, 「職業 : 記者」の意)は、1975年(昭和50年)製作・公開、ミケランジェロ・アントニオーニ監督によるイタリアスペインフランス合作映画。ジャック・ニコルソンマリア・シュナイダーの共演作。

スタッフ[編集]

製作:カルロ・ポンティ

キャスト[編集]

あらすじ[編集]

一人のジャーナリスト(ジャック・ニコルソン)が、行方不明になるが、残された妻はもう次の男を作っている。ある組織が、放浪するジャーナリストに追っ手(マリア・シュナイダー)を付ける。追っ手は、旅行中の女学生に扮している。彼と彼女は行きずりの恋の後に分かれる。そして、組織の親玉はジャーナリストのホテルを訪れる。銃声が聞こえてパトカーがやってくる。部屋には男性の死体が転がっている。警官は、ジャーナリストの元妻と追っ手の女それぞれに、この男を知っているかと尋ねる。前者は「知らない」と、後者は「知っている」と答える。[1]

備考[編集]

関連事項[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD3710/story.html

外部リンク[編集]