ナストロ・ダルジェント作曲賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナストロ・ダルジェント作曲賞Nastro d'Argento alla migliore musica, 英語:Nastro d'Argento Best Score)は、イタリアの映画賞「ナストロ・ダルジェント賞」の部門のひとつである。『アンタッチャブル』(1988年)のようなアメリカ映画であっても、作品に起用されたイタリア作曲家に対して、同賞は与えられる。

最多受賞はエンニオ・モリコーネの9回であり、現在も更新中の記録である。

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

  • 2010年 - リタ・マルコトゥッリ Rita Marcotulli - Basilicata coast to coast(監督ロッコ・パパレオ)
  • 2011年 - ネグラマーロ Negramaro(※イタリアのロック歌手) - Vallanzasca: Gli angeli del male(監督ミケーレ・プラチド
  • 2012年 - フランコ・ピエルサンティ Franco Piersanti - 『海と大陸』(Terraferma、監督エマヌエーレ・クリアレーゼ)及び『最初の人間』(Il primo uomo、監督ジャンニ・アメリオ)の2作に対して
  • 2013年 - エンニオ・モリコーネ - 『鑑定士と顔のない依頼人 』(La migliore offerta、監督ジュゼッペ・トルナトーレ) ※9度目

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 「イタリア映画祭2001」上映題。『花嫁はマフィアの妹』は2000年「洋画★シネフィル・イマジカ」放映題。

外部リンク[編集]