ボイストレーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボイストレーニング: Voice training)とは、人それぞれに合った発声法を実現するために行うトレーニングである[1]発声練習とも呼ばれることがある。

ボイストレーニングを行う者をボイストレーナーといい、英語圏では、ボーカルコーチ(en:Vocal coach)や、音声教育者(en:Vocal pedagogists)もボイストレーナーに含まれるものとされている。

概要[編集]

ボイストレーニングを受ける人は、アマチュアプロフェッショナルを問わず、歌い手役者をしている人が多い。また、その職業に就いている人・目指している人は、本格的なトレーニングを受けていることもある。また、近年は日常生活ビジネスの場において「魅力的な声を出すことによりコミュニケーション能力を高める」ことを謳い文句とするボイストレーニングも行われている。

その他、腹式呼吸をする事で、引き締まり痩せやすいになるとも言われることもあるが、医学的根拠は無く、容姿より歌唱力が重視される音楽分野では太った歌手もよく見られ、「豊かな体格から豊かな声が生まれる」という考えも根強く残っている。

ボイストレーニングの方法については、クラシックポピュラー音楽や、耳鼻咽喉科の関係者が、それぞれ情報交換や交流も行いながら研究を進めている。但し、日本ではクラシック音楽関係者の間ではもっぱら『発声法』という言葉が用いられ、「ボイストレーニング」という言葉は「ポピュラー音楽のための発声法の訓練」を指すものとして捉えられている。また、民謡長唄などの邦楽でも、一部の歌唱指導者の間でボイストレーニングが取り上げられている。

具体的な方法[編集]

ボイストレーニングは、「声を出す」こと、すなわち発声の全般について考えながら行われる。などの使い方を訓練する他、発音の訓練なども含まれる。

また、声は生身の体から出されることを鑑み、身体面のトレーニングが行われる。呼吸法、場合によっては全体に関することも含まれる。

さらに、歌のボイストレーニングにおいては、声の響き方についても重要視している。

論点・課題[編集]

呼吸法か声区融合か[編集]

腹式呼吸や「横隔膜支え」を重視し、から無駄な力みを無くす手法が非常に多くの支持を得ており最も一般的であるが、声区融合(胸声仮声を融合させていくことを通して歌唱に理想的な声帯や喉頭の状態を習得する技術)を基盤とする手法も存在し、ネット上などでしばしば議論の対象となっている。

腹式呼吸派の意見の例としては、「仮声を混ぜたら、声が弱々しくなる。そんな不自然な発声を続けていくと、変な声になるだけであり、腹式呼吸を最大限に駆使して実声で歌うべきだ」というものがあり、仮声を出すことは声の障害を生む危険を含んでいるとする見解もある[2]

一方で声区融合派の意見の例としては、「呼吸法の技術は確かに安定して息を送ることで声も安定しやすくなるので有用であるが、声帯が正しく運動しないと、喉で声にうまく変換されず発声もうまくいかないため、呼吸法よりも声区融合によってもたらされる発声の技術の比重の方が大きい」というものがある。声区融合派の代表とも目されるコーネリウス・リード(Cornelius L. Reid)は著書「ベルカント唱法 その原理と実践」において「ある時期美しい声を持っていた歌手が、生涯それを持ち続けられなかったことは例は多いが、彼らが一度習得した呼吸法を忘れてしまったとは考えられない」として、呼吸法よりも声区融合によって習得される発声メカニズムの方が重要であるとしている。[3]

しかし、発声法の研究に大きな影響を与えたフレデリック・フースラーは著書「うたうこと」において呼吸と声区(とその融合)の双方について細かく論じ、リードも「ベルカント唱法 その原理と実践」において呼吸について一つの章を割き、「横隔膜を<くぼませないこと>が大切です。」(原文ママ)と横隔膜の支えの重要性を説く[4]など、呼吸法と声区融合は相反するものではなく相互を補完するものであり、両方を研究することが重要であると考えられる。

科学的研究と実践の乖離[編集]

音声学や耳鼻咽喉学の専門家には、歌い手や舞台俳優として一定の能力を持ったアマチュアはいても一流の人物は少なく、優れたプロの歌い手や舞台俳優には音声学や耳鼻咽喉学についての知識が不十分であることが多い。そのためか、学問的研究者は机上の論理のみをもって伝統的指導法や発声法を「誤りである」と決め付けることが多く、逆に現場の人物は個人の感覚に頼った非科学的で音声学的に間違った説明や指導を行うことが多い。

一方、この乖離を埋めるべく、優れたプロの歌い手が耳鼻咽喉科医の監修を受けたり[5]解剖学の指導を医学部まで受けに行く例[6]、医師が歌手と共同しボイストレーニングを行う例[7]も見受けられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カラオケのレッスンやボーカルレッスンで、必ずしも、毎回ボイストレーニングが行われるわけではない。
  2. ^ D.F.プロクター 『呼吸、発声、歌唱』 原田康夫訳 西村書店、1995年、117頁。
  3. ^ コーネリウス・リード 『ベルカント唱法 その原理と実践』 渡部東吾訳 音楽之友社、2002年、160頁。
  4. ^ 同書166頁。
  5. ^ 亀渕友香(医学監修・松永敦)『発声力「ボイストレーニング」であなたの人生が変わる! 』PHP研究所,2003年,ISBN 978-4569629018
  6. ^ 中原多代『声とからだ -声の文化「んとN」-』ヤマハミュージックメディア,1996年
  7. ^ 萩野仁志・後野仁彦『「医師」と「声楽家」が解き明かす発声のメカニズム』音楽之友社,2004年

参考文献[編集]

  • 福島英『ヴォイストレーニング基本講座』シンコーミュージック,2006年
  • 富士松亀三郎 著、安間愛二郎 編『三味線の知識・邦楽発声法』南雲堂事業部,1964年
  • 中原多代『声とからだ -声の文化「んとN」-』ヤマハミュージックメディア,1996年
  • フレデリック・フースラー/イヴォンヌ・ロッド=マーリング 『うたうこと 発声器官の肉体的特質』 須永義雄・大熊文子訳 音楽之友社、2000年。
  • コーネリウス・リード 『ベルカント唱法 その原理と実践』 渡部東吾訳 音楽之友社、2002年。
  • Seth Riggs (1992). John Carratello. ed. Singing for the stars (PAP/COM RE ed.). Alfred Pub Co. ISBN 978-0882845289. 

関連項目[編集]

関連する理論