学生ロマンス 若き日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
学生ロマンス 若き日
Days of Youth
監督 小津安二郎
脚本 伏見晁
小津安二郎
原作 伏見晁
出演者 結城一郎
斎藤達雄
撮影 茂原英雄
編集 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1929年4月13日
上映時間 109分[1](現存 103分[2]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語サイレント
テンプレートを表示

学生ロマンス 若き日』(がくせいロマンス わかきひ)は、1929年(昭和4年)に製作・公開された日本映画である。小津安二郎の監督8作目で、現存する小津作品の中では最も古い作品である[3]。『若き日』とも略される[4][5]モノクロスタンダードサイズ、10巻。

伏見晁のオリジナルシナリオを、小津安二郎が演出用に潤色、スキー旅行に出かける学生風俗をテーマにしたコメディである。1929年4月13日帝国館で封切られた。本作の上映用ポジプリントは、東京国立近代美術館フィルムセンターが9,230フィート(2,813.3メートル)の35mmフィルム、3,691.15フィート(1,125メートル)の16mmフィルムの2ヴァージョン、いずれも103分の尺長のものを所蔵している[6]2003年(平成15年)12月25日松竹がリリースした『小津安二郎 DVD-BOX 第四集』に収録された。

あらすじ[編集]

大学生の渡辺と山本はともに千恵子に気がある。試験が終わり冬休みに入ると、二人は大学のスキー部と一緒に山に出かけるが、そこで思いがけず千恵子と出会う。彼らは張り合うが、彼女がスキー部主将の畑本とのお見合いのために来たことを知ってがっかりする。

スタッフ[編集]

  • 監督・潤色:小津安二郎
  • 原作・脚色:伏見晁
  • 撮影・編集:茂原英雄
  • 配光:中島利光
  • 舞台設計:脇田世根一
  • 装置:田中米次郎、角田民造
  • 装飾:川崎恒太郎、松原松之助
  • 列車製作:関五郎
  • 現像:納所歳己、阿部源太郎
  • タイトル:堀川善一
  • 監督補助:小川二郎、深田修造
  • 撮影補助:九里林稔厚田雄治、山口辰雄
  • 撮影事務:金森哲

キャスト[編集]

[編集]

外部リンク[編集]