愛甲石田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛甲石田駅
北口(2008年7月13日)
北口(2008年7月13日)
あいこういしだ - Aiko-Ishida
OH 34 本厚木 (3.1km)
(3.7km) 伊勢原 OH 36
所在地 神奈川県厚木市愛甲1丁目1番1号
(一部は同県伊勢原市石田)
駅番号 OH 35
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
キロ程 48.5km(新宿起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
48,666人/日
-2012年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日

愛甲石田駅(あいこういしだえき)は、神奈川県厚木市愛甲にある、小田急電鉄小田原線である。

概要[編集]

1980年代初頭頃より厚木市・伊勢原市ベッドタウン化による人口の増加が始まり、西部の森の里の開発を契機に大学や企業の誘致も相まって駅北側の整備が行われ、当駅を拠点としたバス路線が開設されるなど、短期間で著しい変化を遂げた。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅で、橋上駅舎を有している。

駅施設の変遷[編集]

改築前の旧地上駅舎時代は約3分の1前後が伊勢原市石田にかかっていたが、橋上駅舎完成後は一部駅用地のみが同市で、駅施設は厚木市愛甲側に集中した。ホーム延長工事後、再び石田側に一部駅施設がかかる部分が発生した。

なお、現駅舎になってから駅構内に公衆電話が設置されているが、駅が市境にかかり、厚木市と伊勢原市の市外局番が異なる(厚木市は046-2xx、伊勢原は0463)ため、市外局番が異なる電話機が並んでいる。

のりばは海側(東側)を1番線として、下表の通りとなる。

愛甲石田駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 小田原線 下り 小田原箱根湯本方面
2 小田原線 上り 相模大野新宿千代田線方面

2011年春に、隣駅の伊勢原駅とともに行先案内表示器が設置された[1]。さらに、2012年1月から8月にかけて、各ホームの上屋(屋根)増設工事を実施した[2]

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員は48,666人である[3]。近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
1972年 6,879[4]
1982年 15,194[5]
1985年 22,297[6]
1989年 39,357[7]
1998年 48,937[8] 24,466[9]
1999年 23,598[10]
2000年 23,513[10]
2001年 23,759[11]
2002年 48,443 24,201[11]
2003年 44,017 22,001[12]
2004年 44,627 22,590[12]
2005年 45,686 23,084[13]
2006年 46,571 23,525[13]
2007年 47,686 24,058[14]
2008年 49,005 24,687[14]
2009年 48,291 24,275[15]
2010年 47,460 23,856[15]
2011年 47,052 23,655[16]
2012年 48,666

駅周辺[編集]

1977年頃の当駅上空写真。まだ駅前広場はなかった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 1988年頃の当駅上空写真。北側にバスターミナルが整備されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1977年頃の当駅上空写真。まだ駅前広場はなかった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1988年頃の当駅上空写真。北側にバスターミナルが整備されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

北口側は国道246号に接しているため、ロードサイド店舗が多い。南口側は純粋な住宅地である。

北口[編集]

南口[編集]

バス路線[編集]

愛甲石田駅バスターミナル(2006年4月11日)

1980年頃までは当駅を始発・終着とする路線バスはなく、国道246号上の「愛甲石田」と新宿側の陸橋を下って小田原厚木道路に向かう道の途中に「駅入口」の2か所のバス停があるのみであった。

その後、高森団地などからの住民の要望により愛甲石田 - 高森団地線が運行開始された。この時の折り返し場は現在・湘和会館が立地する場所であった。その後、国道246号から直接愛甲原住宅へ向かう道路が開通し、高森団地 - 愛甲石田 - 愛甲原住宅間や伊勢原駅 - 高森団地 - 愛甲石田 - 愛甲原住宅間の路線が運行されるようになった。

折り返し場の制約から愛甲石田を途中停留所とした運行形態であったが、愛甲原住宅から先毛利台へ抜ける道路が開通すると、それまで本厚木駅近くから出発していた日産テクニカルセンターへの送迎バスも当駅近くに折り返し場[17]を新設して対応するなど、渋滞の多い本厚木駅への路線に代わる交通手段として、にわかに脚光を浴びるようになった。

このため、橋上駅舎化と同時に北口にバスターミナルの建設が開始され、橋上駅舎の供用開始よりも少し早い1987年10月6日より供用を開始した。同時に「愛甲石田」「駅入口」の各停留所の機能はバスターミナルへ統合されることになった。

2010年4月現在、伊勢原駅・平塚駅松蔭大学などへ計14系統が運行されている。なお、高森団地線は同年4月11日をもって廃止となった。各路線の詳細については、末尾(あ)は神奈川中央交通厚木営業所、末尾の(ひ)は神奈川中央交通平塚営業所、それ以外の路線は神奈川中央交通伊勢原営業所を参照。

2014年3月10日より、愛甲石田駅南口と東成瀬地区を結ぶ東成瀬循環線の運行を開始した。

  • 1番のりば
    • 愛02 - あかね台循環、すみだ公園行(ひ)
    • 伊74 - 東海大学病院経由 伊勢原駅北口行
    • 伊76 - 粕屋経由 伊勢原駅北口行
  • 2番のりば
    • 愛20 - 毛利台団地行
    • 平68 - 横内団地経由 平塚駅行(ひ)
    • 伊80 - 大田経由 伊勢原駅南口行
  • 3番のりば
    • 愛11 - 愛甲原住宅経由 七沢病院行
    • 愛15 - 愛甲原住宅・森の里中学校前経由 森の里行
    • 愛24 - 愛甲原住宅経由 松蓮寺行(あ)
  • 4番のりば
    • 愛16 - 愛甲郵便局経由 森の里行
    • 愛17 - 上愛甲・日産先進技術開発センター経由 森の里行
    • 愛18 - 上愛甲経由 松蔭大学行
    • 愛19 - 上愛甲経由 日産先進技術開発センター行
    • 愛21 - 上愛甲・松蔭大学経由 日産先進技術開発センター行
  • 南口のりば
    • 愛30 - 東成瀬循環 東成瀬・リバティタウン伊勢原経由 愛甲石田駅南口行

歴史[編集]

1986年頃の愛甲石田駅。橋上駅舎化工事が始まる直前。

小田原線が開通する際の駅設置予定地は、現在の駅所在地よりも1kmほど伊勢原寄りの中郡成瀬村高森(現在の伊勢原市高森付近)であった[18]。しかし、地主の反対を受けたことから、現在地よりも少し西側の成瀬村石田(国道246号から高森道了尊への道が分かれる付近)へ計画を変更した[18]。ここで愛甲郡南毛利村(現在の厚木市愛甲付近)から駅誘致があったため、さらに東側に計画を変更しようとしたところ、全く石田に鉄道駅がなくなることには石田側が難色を示した[18]。このため、南毛利村と成瀬村の境界付近に駅を設置することとし、駅名も南毛利村愛甲と成瀬村石田の双方の地名を合わせることになった[18]

隣の駅[編集]

小田急電鉄
小田原線
快速急行・急行・準急・区間準急(下り列車のみ)・各駅停車
本厚木駅 (OH 34) - 愛甲石田駅 (OH 35) - 伊勢原駅 (OH 36)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年度の鉄道事業設備投資計画 ②.行先案内表示装置の新設 (PDF) - 小田急電鉄
  2. ^ 2011年度の鉄道事業設備投資計画 (2)駅施設改良、サービスの向上 ○ホーム上屋の増設 (PDF) - 小田急電鉄(2011年4月28日閲覧)
  3. ^ 小田急電鉄「事業案内」
  4. ^ 『首都圏沿線ガイド1 小田急線各駅停車』(椿書院・1973年)p21
  5. ^ 『日本の私鉄5 小田急』(保育社・1985年重版)p145
  6. ^ 『小田急 車両と駅の60年』(大正出版・1987年6月1日)p150
  7. ^ 鉄道ピクトリアル』通巻546号「特集・小田急電鉄」(電気車研究会・1991年7月臨時増刊号)p17
  8. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻679号「特集・小田急電鉄」(電気車研究会・1999年12月臨時増刊号)p29
  9. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)223ページ
  10. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)225ページ
  11. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)223ページ
  12. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)225ページ
  13. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)227ページ
  14. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)241ページ
  15. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成23年度)239ページ
  16. ^ 神奈川県県勢要覧(平成24年度)235ページ
  17. ^ 当時は宮前停留所近くに立地、のちに駅から国道246号を厚木方面に少し向かった場所に移転。
  18. ^ a b c d 大正出版『小田急 車両と駅の60年』p127

参考文献[編集]

  • 『首都圏沿線ガイド1 小田急線各駅停車』(椿書院・1973年)書籍コード:0026-710192-4820
  • 『日本の私鉄5 小田急』(保育社・1985年重版)ISBN 4586505303
  • 『小田急 車両と駅の60年』(大正出版・吉川文夫編著・1987年6月1日初版)0025-301310-4487

関連項目[編集]

外部リンク[編集]