渋沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渋沢駅
北口(2004年3月21日)
北口(2004年3月21日)
しぶさわ - Shibusawa
OH 39 秦野 (3.9km)
(6.2km) 新松田 OH 41
所在地 神奈川県秦野市曲松一丁目1-1
駅番号 OH 40
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
キロ程 65.6km(新宿起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
28,298人/日
-2013年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日
南口(2008年1月6日)
駅南北連絡通路を南口側から撮影(2004年3月21日)

渋沢駅(しぶさわえき)は、神奈川県秦野市曲松一丁目にある、小田急電鉄小田原線である。駅番号はOH 40

概要[編集]

標高163mで、小田急電鉄線で最も標高が高い所にある駅。さらに西隣の新松田駅との駅間距離は6.2kmで、小田急電鉄で最も距離が長い。小田急ロマンスカーCMではよく渋沢 - 新松田間で撮影された風景を見ることができる。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。初電から7時15分までは駅員無配置となる。改札階からホーム階へはエレベーター及びエスカレーターが設置されている。

のりばは海側(東側)を1番ホームとして、下表のようになる。

2014年度の設備投資計画にて行先案内表示器の新設が盛り込まれた[1]

渋沢駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 小田原線 下り 小田原箱根湯本方面
2 小田原線 上り 相模大野新宿千代田線方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は28,298人である[2]。近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
1982年(昭和57年) 21,353
1995年(平成07年) 15,768[6]
1998年(平成10年) 15,063[7]
1999年(平成11年) 14,903[8]
2000年(平成12年) 14,538[8]
2001年(平成13年) 28,213 14,381[9]
2002年(平成14年) 27,832 14,172[9]
2003年(平成15年) 27,791 14,055[10]
2004年(平成16年) 27,799 14,081[10]
2005年(平成17年) 27,060 13,727[11]
2006年(平成18年) 27,468 13,939[11]
2007年(平成19年) 27,789 14,090
2008年(平成20年) 28,244 14,316
2009年(平成21年) 27,834 14,094
2010年(平成22年) 27,434 13,857
2011年(平成23年) 27,369 13,824
2012年(平成24年) 28,035 14,170
2013年(平成25年) 28,298

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

すべての路線が神奈川中央交通グループにより運行されている(後述の廃止代替路線を除く)。

渋沢駅北口

  • 1番乗り場
  • 2番乗り場
    • 渋02 - 大倉行
    • 渋05 - 戸川台経由 高砂車庫前行
    • 秦12 - 上河原経由 秦野駅行
    • 秦51 - 菩提経由 秦野駅行
    • 秦53 - 菩提経由 高砂車庫前行
    • 秦54 - 戸川台経由 秦野駅行
  • 乗り場番号なし
    • 上地区乗合自動車「行け行けぼくらのかみちゃん号」
      • 湯の沢線 - 湯の沢団地行
      • みくるべ線 - みくるべ行
      • 柳川・八沢線 - 柳川経由 八沢行
湘南神奈交バスが運行していた神02 - 04系統の廃止に伴い、地域および市による「上地区公共交通協議会」が組織され協議の結果、廃止翌日の2011年10月1日より同協議会が運行主体となり愛鶴タクシーが受託する実証運行が開始された。なお、運行期限は2012年9月までとされている。
ワゴンタクシーを使用し、以上の3路線を当所を始発・終着点として運行している。なお、土曜・休日・年末年始は運休となる。[12]

渋沢駅南口

  • 渋03 - 峠行/千村台行
  • 渋04 - 千村台行

歴史[編集]

橋上駅舎になる前の渋沢駅(1988年頃)
  • 1927年昭和2年)4月1日 - 開業。「直通」の停車駅となる。なお、各駅停車は新宿 - 稲田登戸(現・向ヶ丘遊園)間のみの運行であり、当駅までの運行はなかった。
  • 1945年(昭和20年)6月 - 従来、新宿 - 稲田登戸間のみの運行の各駅停車が全線で運行されることとなり、各駅停車の停車駅となる。同時に「直通」は廃止される。
  • 1946年(昭和21年)10月1日 - 準急が設定され、停車駅となる。
  • 1949年(昭和24年)10月1日 - 急行が復活し、停車駅となる。
  • 1955年(昭和30年)3月25日 - 通勤急行が設定され、停車駅となる。
  • 1960年(昭和35年)3月25日 - 通勤準急が設定され、停車駅となる。
  • 1993年平成5年)2月17日 - 山小屋風の橋上駅舎と南北自由通路が完成し、供用開始。その際、合わせて「丹沢高原」と改称する案が出されたが、採用には至らなかった。
  • 2004年(平成16年)
  • 2007年(平成19年)3月25日 - 南口ロータリー竣工。同年3月26日から供用開始。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - 本厚木以西での区間準急の設定がなくなり、停車駅から外れる。
  • 2014年(平成26年)12月23日 - 秦野市の市制60周年記念事業の一環で、接近メロディーにZARDの2曲(上り線は『負けないで』、下り線は『揺れる想い』)が導入された[13]

駅名の由来[編集]

駅所在地が「中郡西秦野村大字渋沢(当時)」であったことによる。なお、「渋沢」とは、柴の生えている沢の「柴沢」が転訛したものとも、一面に渋柿の木が生えていた沢から転じたものとも、「しぼんだ沢」が転じたものとも言われている。

隣の駅[編集]

小田急電鉄
小田原線
快速急行・急行・準急・各駅停車
秦野駅 (OH 39) - 渋沢駅 (OH 40) - 新松田駅 (OH 41)

なお、1945年に当駅と大秦野駅(現・秦野駅)の中間地点付近に軍需工場が完成し、工員輸送のための駅が新設されることとなり、ホームは完成したが、その時点で終戦を迎えたため、駅が設置されることはなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年度の鉄道事業設備投資計画 (2)駅施設の改良、サービスの向上 ③行先案内表示装置の新設 (PDF) - 小田急電鉄(2014年4月30日閲覧)
  2. ^ 小田急電鉄「事業案内」
  3. ^ 神奈川県県勢要覧
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 秦野市統計書
  6. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移
  7. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)223ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)225ページ
  9. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)223ページ
  10. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)225ページ
  11. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)227ページ
  12. ^ 上地区乗合自動車「行け行けぼくらのかみちゃん号」 - 秦野市
  13. ^ “ZARD「負けないで」「揺れる想い」が小田急渋沢駅の駅メロに”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2014年11月25日). http://natalie.mu/music/news/132066 2014年11月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]