新百合ヶ丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新百合ヶ丘駅
南口(2007年2月21日)
南口(2007年2月21日)
しんゆりがおか - Shin-Yurigaoka
所在地 川崎市麻生区万福寺一丁目18番1号
駅番号 OH 23
所属事業者 小田急電鉄
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 3面6線
乗降人員
-統計年度-
122,763人/日
-2012年-
開業年月日 1974年昭和49年)6月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 小田原線
キロ程 21.5km(新宿起点)
OH 22 百合ヶ丘 (1.0km)
(1.9km) 柿生 OH 23
所属路線 多摩線
キロ程 0.0km(新百合ヶ丘起点)
(1.5km) 五月台 OT 01►

新百合ヶ丘駅
配線図

百合ヶ丘駅

6 5 4 3 2 1


STRg STRf
STR ENDEa ENDEa STR
STR STR STR STR
STR STR STR STR
ENDEa ABZlf ABZlg ABZrg ABZrf
ABZrg ABZrf KRWgl+l KRWgr+r ABZlf STRlg
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR KRWgl+l KRWgr+r KRWgl+l KRWgr+r STR
STRlf ABZlg KRWgl+l KRWgr+r ABZrg ABZrf
STR STR STR STR ENDEe
STRg STRg STRf STRf
D C B A


↓1・2・5・6(A・D) 柿生駅/2 - 5(B・C)五月台駅

新百合ヶ丘駅(しんゆりがおかえき)は、神奈川県川崎市麻生区万福寺一丁目にある、小田急電鉄である。

駅長所在駅。町田管区新百合ヶ丘管内として、多摩線(新百合ヶ丘 - 唐木田)を管理している。

周辺地域は「しんゆり」の略称で呼称されることもある[1][2]

利用可能な鉄道路線[編集]

当駅より多摩線が分岐する。

歴史[編集]

小田原線、多摩線ともに一部の特急ロマンスカーが停車するなど川崎市麻生区の代表駅となっているが、歴史的には新しい駅である [3]

  • 1974年昭和49年)6月1日 - 開業。カーブ緩和のため南東側に線路を移設して、そこに駅を設置している。開業の経緯は小田急多摩線の歴史を参照。急行・準急・各駅停車(多摩線は各駅停車のみの運転)の停車駅となる。
  • 1977年(昭和52年) - 「川崎市都市計画新百合丘駅周辺特定土地区画整理事業」が事業着工し、駅前の開発が始まる[4]
  • 1984年(昭和59年) - 「川崎市都市計画新百合丘駅周辺特定土地区画整理事業」の事業終了[4]
  • 1986年(昭和61年) - バス乗り場が整備される。それまで百合ヶ丘駅発着だった多くの路線バスが当駅発着となり、そのため乗降客数が急増する。
  • 2000年平成12年)12月2日 - 多摩線直通の特急ロマンスカーホームウェイ」号の運行開始に伴い、特急ロマンスカー停車駅となる。同時に、多摩線での急行運行も開始。
  • 2002年(平成14年)3月23日 - 特急ロマンスカー「サポート」「えのしま」号の停車駅となる。また、多摩急行と湘南急行運転開始に伴い、両種別の停車駅となる。
  • 2004年(平成16年)12月11日 - 快速急行と区間準急の停車駅となる。特急ロマンスカーの愛称変更に伴い、「サポート」の代わりに「はこね」「さがみ」号の停車駅となる。
  • 2007年(平成19年)11月23日 - エレベーター専用口開設。同時に、エレベーター供用開始。
  • 2008年(平成20年)3月1日 - 従来より設置されている改札口を中央西改札口に、エレベーター専用口を中央東改札口に改称。同時に、新宿方に新たに設置されたエスカレーターを供用開始。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - JR御殿場線の御殿場駅まで直通する特急ロマンスカー「あさぎり」号の停車駅となる。

駅名の由来[編集]

多摩線開業に伴って開設された「しい駅」であり、隣駅である「百合ヶ丘」の名前がすでにニュータウンの町名として定着していたことから、「新百合ヶ丘」となる。

駅構造[編集]

島式ホーム3面6線の地上駅で、橋上駅舎を有している。

1・2番ホーム、3・4番ホーム、5・6番ホームでそれぞれの島を形成する。

新百合ヶ丘駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 小田原線 下り 小田原箱根湯本藤沢片瀬江ノ島方面  
2 小田原線 下り 小田原・箱根湯本・藤沢・片瀬江ノ島方面  
多摩線 - 小田急多摩センター唐木田方面 小田原線から直通の多摩急行・特急ロマンスカー
3・4 多摩線 - 小田急多摩センター・唐木田方面 小田原線からの直通の各停・区間準急は3番ホーム 平日のメトロホームウェイは3番線発車
5・6 小田原線 上り 新宿千代田線方面 多摩線からの直通は5番ホーム
  • 小田原線は2・5番ホームが主本線、1・6番ホームが待避線になっている。
  • 多摩急行相模大野もしくは本厚木発着の一部の準急を置き換えたため、利用者の不便解消を図る意味で、多摩線直通列車であるが下り唐木田方面は2番ホーム、上り代々木上原・千代田線方面は5番ホームに発着する。また、駅名標にも唐木田方面の次の停車駅は栗平であるため、栗平という表記がされている。
  • 夜間時間帯には小田原線の電車で多摩線ホームに到着する当駅止まりの電車がある。
  • 当駅では終日緩急接続が行われる。
  • 日中は各駅停車と快速急行及び多摩急行の接続が行われる。快速急行と多摩急行は同一ホーム(2・5番ホーム)に入線するため、上りは快速急行→多摩急行、下りは多摩急行→快速急行の一方通行の乗り継ぎとなる。
  • 最も外側の1・6番ホームの線路と多摩線は配線の都合上、直接つながっていない。

駅改良工事[編集]

2005年9月から2008年まで駅改良工事が行われていた。この改良工事で新宿方面に駅舎を増築し、増築部分にはエレベーター待合室エスカレーター多機能トイレ商業施設改札口などが設置された。既存駅舎についても天井や内壁、外壁、階段などが改修された。新宿寄りに増築された中央東改札口、各ホームへのエスカレーターについては2008年3月1日に使用を開始した。続いて、同年3月6日には増築部分に小田急マルシェとして工事前にいったん閉店していたOdakyu MARTコンビニエンスストア)、HOKUOが再開店、MINiPLATULLY'S COFFEETHE BODY SHOPカルディコーヒーファームなどが新規開店した。

  • 工事開始前時点では、各ホームに階段3箇所と上りエスカレーター1箇所があり、エレベーターは設置されていなかった。
  • 5・6番ホームのみエスカレーターは上り専用1基と時間帯によって進行方向が変わるものが1基存在する。

なお工事開始直後には、従来の屋根部分の板が撤去されてむき出しになったことから、当時取りざたされていたアスベスト問題に対する心配が利用客の間で出た。その後「アスベストを使用した断熱材は使用しておりません」という内容の看板が駅構内に掲示された。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員122,763人である[5]

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
1975年(昭和50年) 14,054
1980年(昭和55年) 23,016
1982年(昭和57年) 24,662
1985年(昭和60年) 38,139
1990年(平成02年) 69,548
1995年(平成07年) 84,342 45,339[6]
1996年(平成08年) 44,902[7]
1997年(平成09年) 46,816[8]
1998年(平成10年) 50,657[8]
1999年(平成11年) 50,930[8]
2000年(平成12年) 99,791 50,343[8]
2001年(平成13年) 52,078[8]
2002年(平成14年) 51,872[9]
2003年(平成15年) 47,608[9]
2004年(平成16年) 45,295[9]
2005年(平成17年) 106,525 48,473[9]
2006年(平成18年) 108,803 49,282[9]
2007年(平成19年) 116,812 52,497[10]
2008年(平成20年) 120,516 54,169[10]
2009年(平成21年) 121,705 54,704[10]
2010年(平成22年) 121,119 55,164[10]
2011年(平成23年) 120,483 53,925[10]
2012年(平成24年) 122,763

駅周辺[編集]

概説[編集]

1974年頃の当駅上空写真。まだ駅周辺にはほとんど施設はなかった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 1989年頃の当駅上空写真。駅周辺の開発が進んでいる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1974年頃の当駅上空写真。まだ駅周辺にはほとんど施設はなかった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
1989年頃の当駅上空写真。駅周辺の開発が進んでいる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

開業当初は、丘陵の中にある駅といった状態だったが、その後、麻生区の拠点または川崎市の北部副都心として発展し、駅開業から20年で利用者が7倍以上にまで増加した。1998年度に建設省(現・国土交通省)の都市景観100選を受賞した。

当駅周辺が開発されるようになった経緯には、小田急電鉄による多摩線沿線の開発があった。多摩丘陵の市街化圧力が強まるなか、スプロール化を未然に防止するために、小田急が地元と一体となって1970年代頃に計画され、当駅周辺も「西百合ヶ丘地区」として土地区画整理事業が行われることになった。当初は小田急が主導し区画整理組合が設立される予定であったが、川崎市の「新都心」という位置づけのもと、川崎市が組合を設立し「川崎都市計画新百合丘駅周辺特定土地区画整理事業」が施行されることになった。この土地区画整理事業では、乱開発の防止という目的だけでなく「農家の生活の安定を図るために時代の要請に適応した新しい地域社会を建設する」こともねらいとしていた。土地区画整理事業の施行後は、しばらく「上物建設マスタープラン」および「商業・業務マスタープラン」を指針としていたが、1987年に商業・業務地区を中心に地区計画が決定された。[4][11]

商業施設としては、発展の途上であった1983年に南口の核テナントとして西武セゾングループの進出が決定され、現行のイオン新百合ヶ丘店が建っている所には西武百貨店を主体としたショッピングセンター、新百合丘OPAが建っている所には西武セゾングループ運営のホテルがそれぞれ建設される予定であったが、バブル崩壊による西武セゾングループの不振や駅周辺の道路整備が十分ではなかったなどの理由で、1994年に進出を撤回した。その後新百合ヶ丘エルミロードと新百合ヶ丘サティ・ビブレ(現在のイオン新百合ヶ丘店)が完成してからは急激に発展し、周辺道路の交通状況は悪化した。

2000年代に入り、駅前には多くの施設が進出し、南口のあさひ銀行(現・りそな銀行)グランド跡地には昭和音楽大学2007年4月1日厚木市より移転して開校した。北口から3分程歩いた所の丘陵地帯では新たに「万福寺土地区画整理事業」が施行され、2007年に「新百合山手」として街開きし、大規模マンションや住宅、文化・医療施設が次々と建設されている。

町内会が街の美化を図っており、駅周辺では風俗営業を禁止している。このため、中規模の商圏を形成する市街地を駅前に擁しているにもかかわらず、遊技場(パチンコ店)は一店のみに留まっている。

商業施設[編集]

映画館[編集]

ホテル[編集]

  • ホテルモリノ新百合丘 - 中島ビル7階〜9階(新百合丘OPA同ビル上階部分)

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 麻生郵便局
  • 新百合ヶ丘郵便局 - コナミスポーツクラブ新百合ケ丘1F

公共施設[編集]

学校[編集]

医療機関[編集]

本社を置く企業[編集]

その他[編集]

バス路線[編集]

新百合ヶ丘駅南口バス乗り場(2007年9月)

駅南口ロータリーに乗り入れる路線バスの運行は、小田急バス川崎市交通局東急バス京浜急行バス京成バスの5社局である。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行事業者
1番 降車専用
2番
3番 新10 山口台中央・白山一丁目 新ゆりグリーンタウン 小田急E
市バスW
新26 (直行) 新百合ヶ丘総合病院 小田急F
4番 新02 千代ヶ丘一丁目 千代ヶ丘 小田急E
千代ヶ丘一丁目・千代ヶ丘 生田折返場(本数少)
新03 下平尾・金程 千代ヶ丘
下平尾・金程・千代ヶ丘 生田折返場(本数少)
新04 下平尾・金程 向原
新07 下平尾・金程・千代ヶ丘 よみうりランド
千代ヶ丘一丁目・千代ヶ丘・金程 新百合ヶ丘駅(【循環】夜間便のみ)
系統なし 百合ヶ丘駅入口・高石 生田折返場(入庫便)
5番 新01 平尾・台原 平尾団地 小田急E
稲02 台原・平尾団地・坂浜 稲城駅
新05 台原・平尾団地・稲城駅 稲城市立病院
新06 台原・平尾団地・坂浜 駒沢学園
6番 新15 山口台中央・白山北緑地前 大谷 小田急E
新18 白山北緑地前・大谷・真福寺 新百合ヶ丘駅(【循環】夜間便のみ)
百02 大谷 百合ヶ丘駅
7番 新17 白山北緑地前・中の台・西長沢 聖マリアンナ医科大学 小田急E
新19 白山北緑地前(復路:吹込) 田園調布学園大学(午後便のみ)
新20 吹込(復路:白山北緑地前) 田園調布学園大学(午前便のみ)
新25 吹込・田園調布学園大学前・稗原 たまプラーザ駅 小田急E
東急NJ
8番 空港 羽田空港 小田急F
東急NI
京急J
空港 成田空港 小田急F
東急NI
京成5
9番 新21 真福寺・もみの木台 あざみ野ガーデンズ 東急NJ
新23 あざみ野駅 小田急F
東急NJ

市バスの臨時バス「快速ミューザ」は当駅を終点としている(逆方向の川崎駅行きはない)。

各路線の詳細は各営業所記事を参照のこと。運行事業者欄は下記の通り略記している。
小田急バス
川崎市交通局
東急バス
京浜急行バス
京成バス

新百合ヶ丘駅入口

神奈川中央交通相模神奈交バス)の路線バスと小田急バスの路線バス一部路線が停車する。

将来の計画[編集]

小田急電鉄[編集]

和泉多摩川駅から当駅までの複々線化事業が計画されている。新宿側にある引き上げ線はこれを考慮したものでもある。

川崎縦貫高速鉄道[編集]

川崎縦貫高速鉄道は、2010年度に着工し2018年度開業予定というスケジュールで、当駅 - 元住吉駅を経て川崎駅に至る路線で事業許可を得て建設がなされていた路線。運輸政策審議会答申第18号計画では、新百合ヶ丘 - 川崎間が2015年度までに開業すべき路線と位置づけられ、将来的には川崎駅(その先、京急大師線との乗り入れ)を目指していた。環境アセスメント調査まで実施していたが、2013年に新百合ヶ丘駅から武蔵小杉駅に路線変更された計画の会計閉鎖が発表された。

横浜市営地下鉄ブルーライン[編集]

横浜市営地下鉄ブルーラインには、あざみ野駅から青葉区すすき野付近まで延伸し、最終的に新百合ヶ丘駅まで延伸する運輸政策審議会答申第18号計画がある。国土交通省ではあざみ野 - すすき野間を2015年度までに開業すべき路線、すすき野 - 新百合ヶ丘間を同年度までに整備に着手すべき路線として挙げられている。横浜市の交通事業の再建問題との兼ね合いにより具体化は難航しているが、同市の2014年度予算案にブルーラインの延伸調査費が盛り込まれることになった。

その他[編集]

  • パスネットの印字
    • 入場時:「新百合丘」
    • 出場時:「新百」

隣の駅[編集]

小田急電鉄
小田原線
快速急行
下北沢駅 (OH 07) - 新百合ヶ丘駅 (OH 23) - 町田駅 (OH 27)
急行
向ヶ丘遊園駅 (OH 19) - 新百合ヶ丘駅 (OH 23) - 町田駅 (OH 27) / 栗平駅 (OT 02)(多摩線)
多摩急行
登戸駅 (OH 18) - 新百合ヶ丘駅 (OH 23) - 栗平駅 (OT 02)(多摩線)
準急・区間準急・各駅停車
百合ヶ丘駅 (OH 22) - 新百合ヶ丘駅 (OH 23) - 柿生駅 (OH 24) / 五月台駅 (OT 01)(多摩線)
多摩線
急行
向ヶ丘遊園駅 (OH 19)(小田原線) - 新百合ヶ丘駅 (OH23) - 栗平駅 (OT 02)
多摩急行
登戸駅 (OH 18)(小田原線) - 新百合ヶ丘駅 (OH 23) - 栗平駅 (OT 02)
準急・区間準急・各駅停車
百合ヶ丘駅 (OH 22)(小田原線) - 新百合ヶ丘駅 (OH 23) - 五月台駅 (OT 01)

エピソード[編集]

太陽にほえろ!」第94話『裏切り』で、ゴリさん(竜雷太)が犯人を追跡、格闘の末逮捕するシーンの舞台として、建設途中の本駅が登場している。また、TBSで放映されていたひと夏のラブレターのロケも行われていた。

  • この回では、横領犯人を江ノ島から新宿まで護送するシーンの撮影にもロマンスカー(3000形SSE車)が登場している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ しんゆり市税事務所 - 川崎市(2013年12月29日閲覧)
  2. ^ しんゆり・芸術のまちづくり - 「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラム(2013年12月29日閲覧)
  3. ^ なお、麻生区内の駅で一番古い駅は小田原線で西隣の柿生駅である。
  4. ^ a b c 川崎市:土地区画整理事業完了地区概要”. 2014年9月6日閲覧。
  5. ^ 小田急電鉄「事業案内」
  6. ^ 川崎市統計書[リンク切れ]
  7. ^ 川崎市統計書平成13年版(2001年版) 市内鉄道各駅の乗車人員 Page white excel.png (XLS)
  8. ^ a b c d e 川崎市統計書平成14年版(2002年版) 市内鉄道各駅の乗車人員 Page white excel.png (XLS)
  9. ^ a b c d e 川崎市統計書平成19年版(2007年版) 市内鉄道各駅の乗車人員 Page white excel.png (XLS)
  10. ^ a b c d e 川崎市統計書平成24年版(2012年版) 市内鉄道各駅の乗車人員 Page white excel.png (XLS)
  11. ^ 『小田急五十年史』小田急電鉄株式会社、昭和55年、535ページ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]