狛江駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
狛江駅
狛江駅北口(2009年6月13日)
狛江駅北口(2009年6月13日)
こまえ - Komae
OH 15 喜多見 (1.1km)
(0.6km) 和泉多摩川 OH 17
所在地 東京都狛江市東和泉1-17-1
駅番号 OH 16
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
キロ程 13.8km(新宿起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線*
乗降人員
-統計年度-
43,031人/日
-2012年-
開業年月日 1927年昭和2年)5月27日
備考 *通過線2線含む

狛江駅
配線図

喜多見駅

2 1


STRg STRg STRf STRf
STR+BSr STR STR STR+BSl
STR+BSr STR STR STR+BSl
STR+BSr STR STR STR+BSl
STRg STRg STRf STRf

和泉多摩川駅

狛江駅(こまええき)は、東京都狛江市東和泉1丁目にある、小田急電鉄小田原線

概要[編集]

新宿駅から16番目(新宿駅も含む)の駅。新宿駅からの距離は13.8km。所在地は東京都狛江市東和泉1-17-1。駅名称は自治体名「狛江」から取られた。

旧・小田原急行鉄道の路線計画時にはなかったが、住民の要望で設置された。このため駅の開業は路線開業より2か月遅れている。狛江市の中心に位置するが、駅周辺は住宅が密集していたため大規模商業施設やバスターミナルの設置が困難であった。路線の高架事業に伴い、駅前再開発事業も行われ、駅前施設「エコルマ」および北口ロータリーが完成した。

両隣の喜多見駅和泉多摩川駅とともに成城学園前駅の管理管区に属する。2004年5月16日より、始発から7:30までの時間帯は駅員無配置である。

狛江市内の駅は、当駅と和泉多摩川駅のみである。なお、喜多見駅はホームの一部が狛江市内となっているが、登記上の所在地は世田谷区となっている。

駅構造[編集]

間に通過線をはさんだ相対式ホーム2面4線を有する高架駅である。線路・ホームは高架上に、改札口は地上にある。複々線区間なので各停の動きにかかわらず、特急ロマンスカー急行準急などが追い越すことができる。

改札口は喜多見駅側に1か所あり、北側と南側、および改札正面の公共通路への出口がある。臨時改札口はない。屋根はホームの全面を覆っているが、線路部分は覆っていない。駅舎両脇の高架下を商業施設、自転車置き場として利用している。

世田谷区内をほぼ直線状に進んできた路線が、多摩川橋梁に合わせてカーブする途上にあるため、ホームは緩やかにカーブしている。

駅舎デザインは、内側外側とも改札階は薄い茶色、ホーム階は白色が基調となっている。出入り口付近の装飾(駅名が掲げてある箇所)、改札階の窓枠、およびホーム階の窓枠は、濃い茶色で、上部が半円状のデザインに統一されている。

隣りの和泉多摩川駅では、淡いグリーン色、上部が三角形となっており、両駅間のデザイン上の差異となっている。

また、ホーム上屋(屋根)については、喜多見駅などの世田谷区内の新設高架駅では、丸みを帯びたもの(横から見て)に統一されているが、狛江市内にある狛江駅と和泉多摩川駅は、直線状のものに統一されている。

ホーム有効長は10両編成に対応している。

2013年12月頃に、行先案内表示器が設置された[1]

2013年9月1日より、接近メロディとして狛江市の歌「水と緑のまち」が使用されている[2]

狛江駅プラットホーム
ホーム 路線 方向(線路) 行先
1 小田原線 下り(緩行線) 小田原箱根湯本藤沢片瀬江ノ島方面
通過線 □小田原線 下り(急行線) (下り列車の通過)
通過線 □小田原線 上り(急行線) (上り列車の通過)
2 小田原線 上り(緩行線) 新宿千代田線方面

※下り梅ヶ丘 - 登戸間、上り向ヶ丘遊園 - 梅ヶ丘間の急行線・緩行線は原則として以下の通り使い分けられている。

〔急行線〕

特急ロマンスカー・快速急行・多摩急行・急行・準急が使用する。

〔緩行線〕

区間準急・各駅停車が使用する。

出入口[編集]

駅設備[編集]

駅舎は最近できたため、設備は比較的充実している。多目的トイレオストメイトに対応している。

機器[編集]

施設[編集]

  • トイレ - 改札内(上り線の直下付近)にある。女性用、多目的トイレ、男性用がある。
  • 水飲み場 - 各ホームに1か所ずつ、合計2か所ある。
  • 休憩コーナー - 改札内側に2か所ある(旧・喫煙所)。
  • 待合室 - 各ホームに1か所ずつ、合計2か所が2004年秋に設置された。
  • エレベーター - 改札階と各ホーム階を連絡する。ホーム毎各1基の合計2基がある。
  • エスカレーター - 改札階と各ホーム階を連絡する。両方向各1基の合計4基がある。

商業設備・施設[編集]

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は43,031人である[3]。近年の1日平均乗降人員、乗車人員の推移は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
1985年 39,664[要出典]
1989年 43,256[要出典]
1990年 22,126[4]
1991年 22,372[5]
1992年 44,546[要出典] 22,079[6]
1993年 21,841[7]
1994年 43,331[要出典] 21,441[8]
1995年 21,615[9]
1996年 43,134[要出典] 21,614[10]
1997年 21,474[11]
1998年 22,197[12]
1999年 21,648[13]
2000年 21,433[14]
2001年 42,461[要出典] 21,342[15]
2002年 21,093[16]
2003年 41,718[17] 20,964[18]
2004年 41,632[19] 20,945[20]
2005年 41,997[21] 21,082[22]
2006年 42,533[23] 21,425[24]
2007年 43,450[25] 21,779[26]
2008年 43,594[27] 21,797[28]
2009年 43,202[29] 21,597[30]
2010年 21,329[31]
2011年 21,003[32]
2012年 43,031 21,476[33]

駅周辺[編集]

北口と南口にそれぞれ駅前広場、ロータリーがある。北口ロータリーは狛江通りに、南口ロータリーは世田谷通りに通ずる。また、高架下には商業施設の小田急マルシェ狛江がある。

北口[編集]

南口[編集]

小田急マルシェ[編集]

The New's TSUTAYA狛江店や啓文堂書店狛江店などが出店する。出店テナントの一覧・詳細情報は公式サイト「店舗一覧」を参照。

バス路線[編集]

狛江駅北口

小田急バスの路線が駅前ロータリーに乗り入れる。

(国領駅止まりの便も夜間に運転されている。)

狛江駅南口

南口より若干和泉多摩川駅よりの駅前ロータリーに乗り入れる。以下の小田急バスの路線のほかに不定期ながら京王閣行の京王バスが運転されている。

歴史[編集]

高架化直前の狛江駅構内(1995年3月25日)
  • 1927年昭和2年)5月27日 - 開業。
  • 1937年(昭和12年)9月1日 - 片瀬江ノ島駅行「直通」の停車駅となる(小田原方面行「直通」は、通過)。
  • 1948年(昭和23年)9月 - 桜準急が設定され、停車駅となる。
  • 1951年(昭和26年)4月 - 準急の停車駅となる。
  • 1964年(昭和39年)11月5日 - 準急の通過駅となる。
  • 1996年平成8年)12月1日 - 上り新ホームの使用開始。
  • 1997年(平成9年)
    • 3月 - 喜多見 - 和泉多摩川間の複々線化竣工。
    • 6月23日 - 複々線の使用開始。
  • (時期不明) - 現駅舎供用開始。
  • 1998年(平成10年)5月28日 - 小田急マルシェオープン。
  • 2004年(平成16年)

駅名の由来[編集]

百済国王が高麗人を日本に帰化させた地で、「狛(高麗)の里」と呼ばれていたことを由来とした「狛江」という地名から。

旧駅舎[編集]

駅舎、路線とも地上にあった。駅舎は下りホーム側にあり、上りホームとは跨線橋により連絡された。上りホームには臨時改札口があった。

隣の駅[編集]

小田急電鉄
小田原線
快速急行・多摩急行・急行・準急
通過
区間準急・各駅停車
喜多見駅 (OH 15) - 狛江駅 (OH 16) - 和泉多摩川駅 (OH 17)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年度の鉄道事業設備投資計画 (3)サービスの向上 ③行先表示装置の新設 (PDF) - 小田急電鉄(2013年4月30日閲覧)
  2. ^ 9月1日(日曜日)から狛江市の歌「水と緑のまち」が狛江駅の電車接近音に!”. 狛江市役所 (2013年8月28日). 2013年9月8日閲覧。
  3. ^ 1日平均乗降人員 2014年3月23日閲覧
  4. ^ 東京都統計年鑑(平成2年)224ページ
  5. ^ 東京都統計年鑑(平成3年)230ページ
  6. ^ 東京都統計年鑑(平成4年)
  7. ^ 東京都統計年鑑(平成5年)
  8. ^ 東京都統計年鑑(平成6年)
  9. ^ 東京都統計年鑑(平成7年)
  10. ^ 東京都統計年鑑(平成8年)
  11. ^ 東京都統計年鑑(平成9年)
  12. ^ 東京都統計年鑑(平成10年) (PDF)
  13. ^ 東京都統計年鑑(平成11年) (PDF)
  14. ^ 東京都統計年鑑(平成12年)
  15. ^ 東京都統計年鑑(平成13年)
  16. ^ 東京都統計年鑑(平成14年)
  17. ^ 関東交通広告協議会「平成15年度1日平均乗降人員・通過人員」
  18. ^ 東京都統計年鑑(平成15年)
  19. ^ 関東交通広告協議会「平成16年度1日平均乗降人員・通過人員」
  20. ^ 東京都統計年鑑(平成16年)
  21. ^ 関東交通広告協議会「平成17年度1日平均乗降人員・通過人員」
  22. ^ 東京都統計年鑑(平成17年)
  23. ^ 関東交通広告協議会「平成18年度1日平均乗降人員・通過人員」
  24. ^ 東京都統計年鑑(平成18年)
  25. ^ 関東交通広告協議会「平成19年度1日平均乗降人員・通過人員」
  26. ^ 東京都統計年鑑(平成19年)
  27. ^ 関東交通広告協議会「平成20年度1日平均乗降人員・通過人員」
  28. ^ 東京都統計年鑑(平成20年)
  29. ^ 関東交通広告協議会「平成21年度1日平均乗降人員・通過人員」
  30. ^ 東京都統計年鑑(平成21年)
  31. ^ 東京都統計年鑑(平成22年)
  32. ^ 東京都統計年鑑(平成23年)
  33. ^ 東京都統計年鑑(平成24年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]