五月台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五月台駅
五月台駅南口(2007年2月19日撮影)
五月台駅南口(2007年2月19日撮影)
さつきだい - Satsukidai
OH 23 新百合ヶ丘 (1.5km)
(1.3km) 栗平 OT 02
所在地 川崎市麻生区五力田三丁目18-1
駅番号 OT 01
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 多摩線
キロ程 1.5km(新百合ヶ丘起点)
新宿から23.0km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
10,170人/日
-2013年-
開業年月日 1974年昭和49年)6月1日
五月台駅 北口
栗平側からみたホーム

五月台駅(さつきだいえき)は、神奈川県川崎市麻生区五力田三丁目にある小田急電鉄多摩線である。駅はの頂上にある。駅番号はOT 01

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。2006年3月までの約2年間にわたり駅の大幅な改修が行われ、エレベーターが設置された。トイレは上り線ホームに面して設置されている。

早朝(初電から7時30分)および日中(11時から13時)は駅員無配置となっている。

2006年1月31日より、ホームの屋根には太陽光発電の発電パネルが設置され、自動券売機自動改札機の電力に利用されている[要出典]

2010年、改札口に発車標が新設された[1]

2011年、券売機が更新された。小田急各駅で導入されているタイプのものだが比較的遅い時期の設置となった[要出典]

2012年度中に東北沢-和泉多摩川間複々線化工事完成時に各駅停車を10両化できるようホームを新百合ヶ丘方面に延伸する工事が実施される[2][3]

五月台駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 多摩線 下り 小田急多摩センター唐木田方面
2 多摩線 上り 新百合ヶ丘新宿千代田線小田原片瀬江ノ島方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は10,170人である[4]。近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員推移
年度 1日平均
乗降人員[5]
1日平均
乗車人員[6]
1979年(昭和54年) 775
1982年(昭和57年) 1,376
1987年(昭和62年) 3,587
1995年(平成07年) 2,717
1996年(平成08年) 2,831
1997年(平成09年) 2,960
1998年(平成10年) 3,231
1999年(平成11年) 3,339
2000年(平成12年) 3,551
2001年(平成13年) 3,641
2002年(平成14年) 3,756
2003年(平成15年) 8,245 3,820
2004年(平成16年) 8,496 3,955
2005年(平成17年) 8,394 4,164
2006年(平成18年) 8,722 4,360
2007年(平成19年) 9,015 4,492
2008年(平成20年) 9,220 4,598
2009年(平成21年) 9,275 4,624
2010年(平成22年) 9,496 4,756
2011年(平成23年) 9,608 4,762
2012年(平成24年) 10,128 4,996
2013年(平成25年) 10,170 5,016

駅周辺[編集]

駅南口に、モスバーガーホームセンタービーバートザンなどが入居する小田急マルシェ五月台をはじめとして、他にもスーパーマーケットや医療機関、野菜直売所などがある。

駅北口には商店等はない。周辺は集合住宅と多くの一戸建て住宅から構成される住宅地である。葉積緑地・高尾根公園および野球場を備えた片平公園など、公園や緑地が多い。

バブル時から崩壊後まで空き地が広がっていたが、2000年代に入って新百合ヶ丘駅周辺の発展の影響でマンションなどが多く建設され空き地が埋まり、一戸建てやマンションが立ち並ぶ住宅街となっている。かつては晴れた日にはホームから富士山を見ることもできたが、駅前にあった空き地にもマンションが建設されたことで視界が遮られ、見ることはできない。

北口[編集]

  • 五月台ルミナス保育園

南口[編集]

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

多摩線計画当時は地名の「五力田」が有力候補であった[7]が、語呂が悪いこと[8]と泥臭いことが敬遠され[7]、「五力田」の「」と、小字であった「大台」の「」を取り、明るい五月のようなイメージでの街づくりを願って命名された[9]

隣の駅[編集]

小田急電鉄
多摩線
多摩急行・急行
通過
準急・区間準急・各駅停車
新百合ヶ丘駅 (OH 23) - 五月台駅 (OT 01) - 栗平駅 (OT 02)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小田急電鉄 2010年度の鉄道事業設備投資計画 ②.行先案内表示装置の新設 (PDF)
  2. ^ 2012年度の鉄道事業設備投資計画 輸送サービスの向上に291億円 (pdf)”. 小田急電鉄. 2012年5月13日閲覧。
  3. ^ 「各駅停車の10両化に向けた工事を進めます!」ODAKYU VOICE Station 2012年度鉄道事業設備投資計画 2012年5月21日発行
  4. ^ 小田急電鉄「事業案内」
  5. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  6. ^ 川崎市統計書
  7. ^ a b 吉川文夫編 『小田急 車両と駅の60年』 大正出版、1987年、130頁。
  8. ^ 生方良雄「小田急電鉄 多摩線開通」、『鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション』第2号、電気車研究会、2002年12月、 126頁。
  9. ^ 『川崎の町名』 日本地名研究所 編、川崎市、1995年、271頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]