多摩丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多摩丘陵
多摩丘陵、小田急多摩線黒川駅付近より(2005年5月5日撮影)
多摩丘陵、小田急多摩線黒川駅付近より(2005年5月5日撮影)
所在地 日本の旗 日本 東京都神奈川県
位置
テンプレートを表示
多摩川原橋から見た多摩丘陵(稲城市の南山地区)
多摩ニュータウン

多摩丘陵(たまきゅうりょう)は、西は高尾山東麓から、南は円海山緑地、東は多摩川、北は浅川付近までにかけて広がる丘陵

関連自治体東京都八王子市から日野市多摩市稲城市町田市神奈川県川崎市横浜市にわたり、面積は約300km²

また、神奈川県地域内(特に横浜市内)は多摩丘陵の一部とされ独立した意味で川崎・横浜丘陵とも川崎・横浜台地とも川崎・横浜台呼ばれている。

多摩丘陵は旧武蔵国にあるが、南側の旧相模国三浦半島に位置する三浦丘陵と地形的につながっているため、武相丘陵と呼ぶ人もいる。

概要[編集]

この丘陵は、地質学的には砂層、泥岩層、砂礫層などからなる上総層群あるいは三浦層群と呼ばれる新生代第三紀末から第四紀洪積世に形成された地層からなる。また北部は古相模川により堆積した御殿峠礫層に覆われている[1]。東は多摩川低地を挟んで武蔵野台地に、西は境川付近で相模原台地に、北西は南高尾山稜、草戸山付近を挟んで関東山地に、北側は浅川を挟んで日野台地に接する。南側は東京湾に接している。最も高い場所は標高220メートル程度(八王子市南部)である[2]

鶴見川水系境川水系、および一部の多摩川水系(平瀬川三沢川浅川支流など)の水源の森であり、また大都市に近接する貴重な自然環境でもあり、日本固有種であるトウキョウサンショウウオをはじめ、様々な動植物が生息・自生している。

縄文時代遺跡が多くあり、古くから周辺の広葉樹林から木の実やきのこを採取するなど人々の営みと共にあったところであったことが窺える。弥生時代以降は、周辺の里山から堆肥を取り、谷戸(谷地ともいう)と呼ばれる小河川の流域で稲作や畑作を行う生活が昭和中期まで続けられた。

武蔵国の国府のあった府中から観て「多摩郡(多麻郡・多磨郡)にある横<当時、東西を『横』、南北を『縦』と呼んでいた>に長い山」の意で、かつては「多摩の横山」とも呼ばれ、中世に興った武蔵七党の一つである「横山党」、江戸時代八王子横山宿、旧南多摩郡横山村、武蔵横山駅などの名称の由来ともなった。また万葉集にも「赤駒を山野(やまの)に放(はか)し捕りかにて多摩の横山徒歩(かし)ゆか遣らむ」(東京都多摩市の南野の辺りが題材となっている)と詠まれている。古代にはこの万葉集の歌に詠まれたように防人の通り道となっており、古代東海道鎌倉街道がこの丘陵を貫いている。

1950年(昭和25年)11月23日には八王子市南部・日野市・多摩市をまたがる丘陵地帯に多摩丘陵都立自然公園が設定された[3]。しかし、東京都心部や横浜市中心部から近いため、1950年代から開発が進み著しく緑を減らしている。なかでも1960年1970年代から開発が進められた多摩ニュータウン港北ニュータウンの開発の影響は大きい。多摩ニュータウンには京王電鉄相模原線小田急電鉄多摩線が、また港北ニュータウンには横浜市営地下鉄3号線が開通した。また東京急行電鉄田園都市線沿線は「多摩田園都市構想」により開発が進められ、他にも京王電鉄京王線多摩都市モノレール、東京急行電鉄東横線、横浜高速鉄道(東京急行電鉄が運営)こどもの国線、小田急電鉄小田原線江ノ島線相模鉄道本線いずみ野線JR横浜線南武線東海道本線根岸線などの鉄道がこの丘陵を通過する地点も開発が進められた。特にJR横浜線の開発部分は八王子ニュータウン、JR根岸線の開発部分は港南ニュータウンと呼ぶ。

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』ではこの丘陵の開発が取り上げられ、また、映画『耳をすませば』ではこの丘陵が開発された住宅地が舞台となっている。

多摩丘陵内の主な緑地・公園[編集]

東京都八王子市[編集]

東京都日野市[編集]

東京都多摩市[編集]

東京都稲城市[編集]

東京都町田市[編集]

神奈川県川崎市[編集]

神奈川県横浜市[編集]

多摩丘陵の大学[編集]

多摩丘陵には、都心のキャンパスが手狭になった大学・短期大学などの移転が相次いだ。

東京都

神奈川県

[編集]

  1. ^ 多摩丘陵-上総層群とその堆積環境-
  2. ^ 多摩丘陵(たまきゅうりょう)
  3. ^ 多摩丘陵都立自然公園 - 東京観光財団

関連項目[編集]

外部リンク[編集]