サティ (チェーンストア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茨木サティ
マイカル茨木大阪府茨木市

サティ(SATY)はマイカル(現:イオンリテール)とマイカル九州(現:イオン九州)が運営していた商業施設である。 2011年3月1日ジャスコポスフール(旧:マイカル北海道)との統合に伴い店舗ブランドをイオンへ転換し、イオンリテール運営で存続していた広島サティも2011年7月18日に閉店したため、「サティ」の名称を冠する店舗は消滅した。

概要[編集]

1984年にニチイが奈良市に新業態として開業。もともと総合スーパー百貨店の中間業態を標榜し、従来の総合スーパーよりも高級志向を打ち出した「生活百貨店」と位置づけたものである(ただしマイカルとしては、さらに多種多様な業態を複合した「マイカルタウン」を主力化していた)。当時開業したサティは、規模は小さいもののショッピングセンターとして扱われている。その後ニチイブランドの店舗のリニューアルや新規出店などでピーク時には200店舗を数えるほどになる。しかし、2001年以降には、マイカルの破たんやそれに伴う整理などで大量閉店(イオングループ他社店舗への転換やグループ外企業による居抜き出店した例等も少なくない)をした。子会社の整理などでも子会社運営の店舗は吸収合併や譲り受け(事実上は吸収合併)により本州四国の店舗はマイカル直営となっていた。なお、北海道地区で運営していたマイカル北海道(現:イオン北海道)の店舗についてはポスフールに転換したため末期には店舗は存在していなかった。

最末期(イオンへの統合直前)には、北海道青森県宮城県栃木県富山県福井県岐阜県静岡県岡山県和歌山県徳島県長崎県熊本県大分県宮崎県沖縄県の16道県を除く日本全国に店舗があった。青森・宮崎・沖縄県以外は統合以前に撤退した。

なお、「サティ」の店名は、"Select Any Time for Yourself"の略が由来であるとされる。

イオングループ買収後[編集]

サティの看板からからイオンの看板に変えられる様子
2011年2月18日に撮影

経営再建完了後の2006年には破綻後初の(新)盛岡南サティの開業から2010年の新瑞橋サティまでイオン系のショッピングセンターを中心に若干店開業させた。

2002年のトップバリュ導入、イオンクレジット発行の「サティ・ビブレカード」(デザインはイオンカードと同一で2007年に統合)などイオングループ他社運営のジャスコマックスバリュなどとサービス面やセール日での差がなくなってきたのも事実である。

ブランド消滅[編集]

イオングループは持株会社制への移行後、重複する事業分野の整理統合が大きな課題となっていた。イオンの持株会社化に伴うイオンリテール発足の段階では、不採算店舗の整理が優先されたが、経済危機による経営不振がさらに深刻化し、本格的な事業整理に乗り出すこととなった。

2011年3月1日にマイカルを吸収合併し、「サティ」から「イオン」への変更は統合と同時に近く閉店が予定されている広島サティを除く全店舗が一斉に名称変更される。その後、広島サティも2011年7月18日に閉店したため、「サティ」は、誕生から27年余りで姿を消すこととなった[1]

イオンへの店名変更は○○サティからイオン○○店(坂出サティ→イオン坂出店など○○には同じものが入る。)のように、イオンの後に旧サティの店舗名がそのまま来るようになっているが、一部の店舗はジャスコやイオン(旧カルフール)との店舗名重複を避けるために小地名(高知サティ→イオン高知旭町店など)や方角(高松サティ→イオン高松東店など)を追加した新しい店舗名称に変更する場合がある(ただし、ジャスコとの名称の重複がないケースであるにも関わらず変更がなされたケースもある(秋田サティ→イオン秋田中央店など))。

2011年3月22日に開店した「イオン伊丹昆陽店」は、当初、マイカルが伊丹西サティとして開店する計画であった。そのため、同店の開店要員求人も旧イオンリテールではなくマイカルによってなされていた。

沿革[編集]

店内放送[編集]

いずれも、イオンに店舗ブランド統合後は消滅しているが、元サティ店舗では下記のような店内放送が流れていた。

  • エスカレーターの付近では、独特のチャイム音が鳴ったあとに、女性ナレーションによる案内放送が行われていた。末期は、ナレーションの冒頭には「サティへようこそ」の台詞に統一されていたが、一時期には「いらっしゃいませ、サティへようこそ」となっていた。また、店舗名を入れたナレーションとなっていた店舗もあった。なお、広島サティの後継店舗となった広島段原ショッピングセンターでは、アナウンスは変更されているものの、独特のチャイム音が残されている。
  • 1時間毎に鐘のようなチャイム音が鳴ったあと、「サティ(一時期は店舗名も入った)が、○時をお知らせします」というアナウンスの入った時報がサティ店舗では行われていた。
  • 閉店10分前には、「夜の帳が下りる頃、聞こえてくる音があります。それは、とても懐かしいもの。けれど、一度も耳にしたことのない音。ノスタルジックな気分で過ごしたい夜を、そっと耳をすましてください。何か心に届くものがあったら、きっと、ステキな明日が待っている」、「街の明かりが夜を光り、光と影がワルツを踊りながら今宵もふけていきます。もうすぐ、サティにお別れの時間がやってきます。最後までどうぞごゆっくりお過ごしください」といったナレーションで閉店を知らせるナレーションが行われていた。「夜の帳が〜」や「街の明かり〜」のナレーションが流れている間は独特のBGMが数種類が挿入されていた。
    • 閉店時間になると、「Puzzle Fantasy(ボーカル:柴田恵理子、コーラス・演奏:PINK SAPPHIREをバックが掛かり始め、ナレーションがとともに閉店10分後まで流されていた。最後には「Being something new, SATY」とナレーションが掛かると同時に締められた。

関連項目[編集]

  • ビブレ - マイカルが運営していたファッション専門店。現在はイオンリテールが運営。
  • ポスフール - かつての北海道地区のサティ。
  • ジャスコ - マイカルを買収する以前からのイオングループが運営していた総合スーパーマーケット。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、イオン九州運営の「戸畑サティ」は、2010年4月の改装リニューアルを機に「イオン戸畑店」へ1年先に店舗名を変更している