飯田岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
飯田岡駅
飯田岡駅(2006年10月撮影)
飯田岡駅(2006年10月撮影)
いいだおか - IIDAOKA
穴部 (1.2km)
(0.7km) 相模沼田
所在地 神奈川県小田原市飯田岡
所属事業者 伊豆箱根鉄道
所属路線 大雄山線
キロ程 4.3km(小田原起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
919人/日(降車客含まず)
-2008年度-
開業年月日 1926年5月

飯田岡駅(いいだおかえき)は、神奈川県小田原市飯田岡にある伊豆箱根鉄道大雄山線

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。線路の北側にホームがあり、その北側に駅舎とトイレがある。駅舎は相模沼田方、トイレは穴部方に置かれており、トイレへはホーム側から出入りが可能である。

無人駅であるが、朝夕は駅係員が駐在する。駅舎内部には自動券売機と乗車票発行機とが1台ずつ設置されている。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 992 [1]
1999年 966 [2]
2000年 950 [2]
2001年 934 [3]
2002年 906 [3]
2003年 922 [4]
2004年 906 [4]
2005年 902 [5]
2006年 908 [5]
2007年 923 [6]
2008年 919 [6]

駅周辺[編集]

駅の東側を狩川が流れ、駅前に飯田岡橋が架かる。狩川の対岸には小田原飯田岡郵便局、小田原市立富水小学校、小田原市立泉中学校などの各施設が置かれるほか、飯田神社や福田寺などの旧跡もある。駅の西側を県道74号が走り、飯田岡のバス停がある。

  • 小田原フラワーガーデン
  • 小田原市環境事業センター
  • 県立おだわら諏訪の原公園
  • スーパーふるぎや飯田岡店

上記2施設は、駅から南西側に急坂を越えたところにあるため、徒歩でのアクセスはしにくい。

路線バス[編集]

駅西の県道74号上に飯田岡バス停が置かれ、以下のバス路線が発着する。

歴史[編集]

  • 1926年(大正15年)5月19日 - 飯田岡停車場新設届を鉄道大臣に提出[7]。正確な開業日は不詳[8]

隣の駅[編集]

伊豆箱根鉄道
大雄山線
穴部駅 - 飯田岡駅 - 相模沼田駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)227ページ
  2. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)229ページ
  3. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)227ページ
  4. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)229ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)231ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)245ページ
  7. ^ 「南足柄市史4 資料編 近代」南足柄市編集(1991年3月31日発行)p.527
  8. ^ 「小田原市史 別編 年表」小田原市編集(2003年3月20日発行)p.296 では、開業は同年5月とされ日付の記載がない。