ブータンの経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
色と面積で示したブータンの輸出品目(2009年
首都ティンプーの街並み

ブータンの経済(ぶーたんのけいざい)では、ブータン経済について述べる。

計画経済[編集]

インドの計画委員会の助言の下、1961年より開始された。

  • 第1次五ヵ年計画(1961~66年)
  • 第2次五ヵ年計画(1966~71年)
  • 第3次五ヵ年計画(1971~76年)
  • 第4次五ヵ年計画(1976~81年)
  • 第5次五ヵ年計画(1981~87年)
  • 第6次五ヵ年計画(1987~92年)
  • 第7次五ヵ年計画(1992~97年)
  • 第8次五ヵ年計画(1997~2002年)
  • 第9次五ヵ年計画(2002~07年)

農業[編集]

農業ブータンにおける主要産業でGDPの35%を占める。

発展

ブータンに置ける農業の発展は、日本のJICAが大きく貢献しているといっても過言ではない。1964年西岡京治コロンボ・プランの農業専門家として派遣されて以来、ブータンの農業は発展し、1980年に当時のジグミ・シンゲ・ワンチュク国王からブータンの最高爵位・ダショーが西岡に授与されている。