京葉工業地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京葉工業地域 千葉ポートタワーから
袖ヶ浦市の笠上山から見渡した京葉工業地域。多数の石油化学プラントが建ち並ぶ。

京葉工業地域(けいようこうぎょうちいき)は、千葉県東京湾に面した海岸部に、千葉港を中心として広がる工業地域である。千葉港木更津港などの港湾施設がある。

第二次世界大戦後、京浜工業地帯の延長部として発展した。臨海部の埋立地に鉄鋼業石油化学工業などの大規模な工場が立地している。浦安市から、富津市まで連なっている。代表的な都市は市川市船橋市千葉市市原市木更津市君津市など。全体的に火力発電所が多く、千葉市にJFEスチール東日本製鉄所、君津市に新日鐵住金君津製鐵所がある。

概要[編集]

埋立地を多く使っている。ウォーターフロントの再開発が進んでいる。日本で数少ない、機械工業より化学工業の割合が高い工業地域。 事業用の京葉臨海鉄道も走っている。

東京に近接および東京と成田空港の間に位置することから物流拠点としての色彩も強い。

主な工業都市[編集]

  • 千葉市・・・鉄鋼(JFEスチール)・一部石油化学(出光興産)
  • 市原市・・・石油化学(三井化学)
  • 市原市五井地区・・・石油化学(丸善石油化学)
  • 市原市姉崎地区・袖ケ浦市・・・石油化学(住友化学)
  • 君津市・・・鉄鋼(新日鐵住金)

関連項目[編集]