日新製鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日新製鋼株式会社
Nisshin Steel Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5413
東証1部 5407 1949年5月16日 - 2012年9月26日
大証1部(廃止) 5407 1949年5月14日 - 2012年9月26日
名証1部 5407 2012年9月26日上場廃止
福証 5407 2012年9月26日上場廃止
略称 日新鋼
本社所在地 100-8366
東京都千代田区丸の内三丁目4番1号
設立 2012年10月1日
旧法人設立は1928年(昭和3年)2月15日
(徳山鉄板株式会社)
業種 鉄鋼
事業内容 鋼材の製造・加工・販売
代表者 三喜俊典代表取締役社長
資本金 300億円
純資産 連結:1,792億53百万円
総資産 連結:6,942億50百万円
従業員数 連結:6,604人
決算期 3月31日
主要株主 新日鐵住金(株) 8.31%
(旧)日新製鋼(株) 8.19%
主要子会社 日新総合建材(株) 100%
日新鋼管(株) 100%
月星海運(株) 100%
月星商事(株) 41.2%
関係する人物 岩井勝次郎
外部リンク http://www.nisshin-steel.co.jp/
特記事項:各種経営指標は日新製鋼ホールディングスの2013年3月期のもの。
テンプレートを表示

日新製鋼株式会社(にっしんせいこう、英文表記:Nisshin Steel Co., Ltd.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く高炉メーカーである。

概要[編集]

1959年(昭和34年)に日本鐵板と日亜製鋼の二社が合併して誕生した。そして1962年(昭和37年)、呉製鉄所に第1号高炉を建設し、以後は圧延および連続鋳造設備を備えた銑鋼一貫のメーカーとして活動している。高炉メーカーとしての規模は日本国内で第5位。表面処理鋼板やステンレス鋼板といった高付加価値な薄板部門に強みを発揮している。商品ブランド名は月星印。

合併後も岩井産業新日本製鐵(現・新日鐵住金)とは緊密な関係を保ち、特に後者の新日鐵住金は、株式を9,124万株 (8.31%) 保有する筆頭株主である。また、三和グループ三水会メンバーでありながら、旧長銀や旧興銀とも緊密な関係にあった。

大平洋金属の株式を1,495万株 (7.6%) 保有する大株主であり、その他日本国内に約30社のグループ会社を有する。

2012年10月1日日本金属工業と共同株式移転方式で経営統合し、日新製鋼ホールディングスの完全子会社となった。

2014年4月1日、日新製鋼ホールディングスが日新製鋼及び日本金属工業を吸収合併、日新製鋼株式会社に社名変更した。

主要事業所[編集]

沿革[編集]

日本鐵板[編集]

  • 1911年明治44年)5月 - 亞鉛鍍株式會社設立。桜島工場(現・大阪製造所)が操業開始。
  • 1916年大正5年)7月 - 大阪鐵板製造株式會社に社名変更。
  • 1918年(大正7年)8月 - 徳山分工場が操業開始。
  • 1928年昭和3年)2月15日 - 徳山分工場が独立し、徳山鐵板株式會社として発足。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 徳山鐵板が東京証券取引所大阪証券取引所に株式上場。
  • 1953年(昭和28年)10月 - 徳山鐵板が大阪鐵板製造を合併し、日本鐵板株式會社に社名変更。
  • 1958年(昭和33年)6月 - 南陽工場(現・周南製鋼所)が操業開始。

日亜製鋼[編集]

  • 1908年(明治41年)7月 - 田中亞鉛鍍金工場が創業。
  • 1918年(大正7年)3月 - 日本亜鉛鍍株式會社に改組。
  • 1934年(昭和9年)4月 - 尼崎工場(後の尼崎製造所)が操業開始。
  • 1935年(昭和10年)5月 - 日本亞鉛鍍鋼業株式會社に社名変更。
  • 1939年(昭和14年)9月 - 日亞製鋼株式會社に社名変更。
  • 1950年(昭和25年)4月 - 神崎工場が操業開始。
  • 1951年(昭和26年)2月 - 呉工場(現・呉製鉄所)が操業開始。

日新製鋼[編集]

  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 日本鐵板が日亞製鋼を合併し、日新製鋼株式会社に社名変更、大学 (書物)の「日々新、又日新」から。
  • 1962年(昭和37年)6月 - 呉製鉄所に高炉が完成、操業開始。
  • 1963年(昭和38年)2月 - 市川工場(現・市川製造所)が操業開始。
  • 1966年(昭和41年)10月 - 神戸製鋼所堺工場を譲受け、堺工場(現・堺製造所)が発足。
  • 1970年(昭和45年)10月 - 初の海外事業として、スペインのステンレス鋼板メーカー、アセリノックス社の設立に参画。
  • 1990年平成2年) - アメリカに North American Stainless を設立。
  • 1996年(平成8年)10月 - 中国江蘇省太倉市に合弁会社を設立。
  • 1999年(平成11年)10月 - 東予製造所が操業開始。
  • 2002年(平成14年) - 南アフリカの Columbus社を買収。
  • 2012年(平成24年) - 日本金属工業との共同株式移転により日新製鋼ホールディングスを設立。
  • 2014年(平成26年) - 日新製鋼ホールディングスが日新製鋼と日本金属工業を吸収合併し(新)日新製鋼に社名変更。尼崎製造所を分離し(旧)日本金属工業の子会社である日金工鋼管と統合、日新製鋼ステンレス鋼管とする。

関連企業[編集]

グループ会社 主な製品・サービス 資本金(円)
加工・メーカー 日新総合建材株式会社 形鋼・建材 15億
日新鋼管株式会社 鋼管・建材 14億
日新製鋼ステンレス鋼管株式会社 鋼管製品 2億5,000万
日新加工株式会社 ステンレス鋼・ 染色機械・食品機械 8,000万
月星アート工業株式会社 ステンレスの意匠鋼板 5,000万
日研ステンレス継手株式会社 ステンレス鋼管用の継手 9,000万
日本パイプシステム株式会社 ステンレス製鋼 8,000万
三晃金属工業株式会社 各種鋼材 19億8,000万
中国工業株式会社 高圧容器・鉄構輸送機・
プラスチック製品など
17億1,000万
モリテック スチール株式会社 特殊鋼・焼入鋼帯・
板金加工品
18億4,885万
日阪製作所株式会社 染色機械・プレート式熱交換器・
ボール・バルブ・食品機械等
41億5,000万
商社・加工 日新ステンレス商事株式会社 ステンレス鋼・耐熱鋼 1億8,000万
日本鐵板株式会社 鉄鋼・金属・建材 13億
月星商事株式会社 鉄鋼製品 4億3,650万
株式会社プロスチール 1億
株式会社カノークス 鉄鋼・鉄鋼加工品・
化学製品・機械
23億1,000万
大阪ステンレスセンター株式会社 鋼板類の剪断・裁断 1億
株式会社ステンレスワン ステンレス鋼帯の剪断・裁断 4億
MSSステンレスセンター株式会社 4億2,400万
日輪鋼業株式会社 各種鋼材 3,300万
岩田鋼鉄株式会社 特殊鋼・その他鋼材 4,500万
原材料供給 日新サンソ株式会社 各種ガス 1,000万
周南酸素株式会社 3,000万
周南紙業株式会社 クラフト古紙 6,000万
宇部日新石灰株式会社 製鋼用生石灰 1億
運輸 月星海運株式会社 鉄鋼製品の輸送・管理 4億6,200万
新菱海運株式会社 内航海運業 1,250万
設備保全・
サービス・その他
日新工機株式会社 設備・プラントの設計・製作・修理 9,600万
新和企業株式会社 商事・サービス事業・ゴルフ場経営、
広告・宣伝・厚生施設の管理
4億9,950万
エヌアイ情報システム株式会社 情報システムの開発・運用 3,000万

人材育成[編集]

  • 優秀な社員を兵庫県尼崎市の産業技術短期大学1962年一般社団法人日本鉄鋼連盟が設立)に派遣して、人材育成を行っている。具体的には、「製造現場における知識創造と人材の多機能育成政策・綿密な能力開発策のひとつとして、企業内選抜を経て中堅技術者への昇進に結びつく産業技術短期大学への派遣を行う政策の実行」であり、このような人材育成形態(教育訓練形態)を「オフ・ザ・ジョブ・トレーニング・OFF-JT」という。

参考文献[編集]

ほか

関連項目[編集]

外部リンク[編集]