大学 (書物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大学(だいがく)とは儒教経書の一つ。南宋以降、『中庸』『論語』『孟子』と合わせて四書とされた。もともとは『礼記』の一篇であり、曾子に作られたとも秦漢の儒家によって作られたとも言われる。

内容[編集]

朱子学において自己修養から始めて多くの人を救済する政治へと段階的に発展していく儒者にとっての基本綱領が示されているとして重要視された。その内容には「明明徳」「親民」「止於至善」の三綱領と「格物」「致知」「誠意」「正心」「修身」「斉家」「治国」「平天下」の八条目が提示されている。

注釈書[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]