デジタル土方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デジタル土方(デジタルどかた)とは、システムエンジニアプログラマなど情報技術産業で働く労働者の俗称[1][2][3][4][5][6]IT土方(アイティどかた)やコンピュータ土木作業員(コンピュータどぼくさぎょういん)、システム屋(システムや)[7]とも呼ばれる。

概要[編集]

パソコンや各種情報端末を駆使するIT産業は、現代の花形産業というマスコミが作り出した華やかなイメージやその求められる専門技術の高さとは裏腹に、実際の労働は地味で単調で長時間に及ぶため厳しい労働環境となるケースが多い。[独自研究?]また、元請企業であるゼネコンが下請企業を支配し仕事を丸投げするという、建設土木業界によく似た多層式の産業構造になっており、実際の現場における末端の従業員に対しては専門職の技術者という意識は乏しく、単なる作業要員という扱いがされている[独自研究?][8]ほか、多重派遣偽装請負が頻繁に行われており[9][10][11]この様な構造によりIT業界そのものが維持され、その利益が上へ上へと吸い上げられ、収入増やキャリアアップの機会も無い末端の従業員は次々と使い捨て同然に消費され、人材の入れ替わりが激しい。[独自研究?]

このことから、IT業界のヒエラルキーの最下層で働く労働者が、割に合わない低賃金の上に不安定な雇用環境の労働現場で厳しい労働実態を強いられている自らを卑下して表現する形で、やはり建設・土木業界の最下層で厳しく不安定な労働条件の下に働かされている土方(土木作業員)にたとえ、デジタル土方IT土方あるいはコンピュータ土木作業員などという表現がなされるようになった。[独自研究?]

また、人月計算と呼ばれる日数と必要人数の掛け算という単純な計算によるシステム発注の金額の設定方法も土木作業員と同様の待遇といわれるゆえんである。[独自研究?]

IT系人材派遣会社・関連メーカーの存在[編集]

IT産業の元請企業が下請企業に仕事を丸投げしたり、元請け自身が非正規雇用を雇用するにしても過酷な労働条件で末端の従業員を消耗品同然に使い潰して行く搾取型のビジネスモデルの構造はたびたび批判されるが、現代日本においてそういったいびつな産業構造はIT産業が唯一の例外というわけではない。たとえばIT産業にとっても不可欠なツールであるパーソナルコンピュータ通信販売ショップブランドパソコンへのOEM供給を主業とする“直販メーカー”でも同様の状況はいくらでも見られる。

これら業界では製品組立ライン従事以外にもサポート業務のとりわけ特にクレーム処理は非正規雇用派遣社員に依存しているが、一般的にこのような業務に従事する者に対しては長期間雇用を前提としない低水準の従業員教育が行われ、スキルアップやキャリアアップの機会も事実上ない。また、そのような実情を知らずに劣悪な環境に飛び込んだ者は「非正規労働者が短期間で次々に使い潰されても会社は何事もなく回る」「消えた者の替わりがいくらでも入ってくる」という現実を目の当たりにしながら、結局のところ短期間での使い捨てを前提とした会社組織の最下層で低賃金と過酷な労働に苦しめられる。この様な業界で従業員が置かれている搾取型の使役環境の過酷さは、IT業界のそれとさしたる違いがない。

しかし、とりわけIT産業が厳しい批判に晒され続けている理由は、ITバブル(過剰なIT投資ブーム)の時期から台頭してきたIT系人材派遣会社の実態にある。[独自研究?]IT系人材派遣会社の多くは表向きは上流のSI企業を自称しているが、実態は未経験者歓迎を謳い文句に多くの人材を安価に調達し、さらに上流のSI企業に提供する人材派遣業者に過ぎない。IT系人材派遣会社に入る者の大半はSI企業で働くことによるスキルアップとキャリアアップの機会を期待するが、実際任される仕事の大半は専門性を必要としない長時間のテスト作業であったり、トラブル対応・クレーム処理など、誰もが嫌がる忍耐が必要な仕事で、24時間サービスなどを請け負っている企業の場合には勤務シフトが夜勤中心ということになる場合もある。[独自研究?]またSE未経験者の多くは研修という名目でサービス残業を強要されるケースも多く[独自研究?]、労働者派遣としての適正な管理がなされていない偽装請負であるケースも後を絶たない。このような人材派遣会社が乱立跋扈してきたIT業界は現代の搾取型のビジネスモデルによって成り立っている業種の象徴的存在とされ、ITバブルの時代から数多くの批判に晒されてきた。

より高い信用力と技術力が求められるため一定の企業規模を必要とする上流SIに比べ、小規模組織でも参入が容易でリスクが低く確実なリターンが得られたIT系人材派遣会社は全国各地で乱立し、営業拠点が作られていった。[独自研究?]現在のIT系人材派遣会社の多くは、有効求人倍率が低く就職氷河期の渦中であった1998年から2000年に起こったITバブルの波に乗り急成長を遂げたものや、それらからスピンアウトして立ち上げられたものである。[独自研究?]また、請け負う仕事の量に応じて事業者間で人材を融通しあうことから、元請企業へ人材が届くまでに5つ以上の会社を経由することは今でも珍しくない。[独自研究?]ITバブル崩壊以後は業績悪化を理由に上場企業を中心にM&Aがさかんに行われるも、IT系人材派遣会社の多くは中小のワンマン企業で、乱立した企業群が人材を安価で提供し大量消費財の如く浪費するだけの搾取型ビジネスは今でも根強く残っている。[独自研究?]

独立系システムインテグレータ[編集]

デジタル土方という言葉の流行は独立系システムインテグレータに起因する。独立系システムインテグレーターの労働環境は下層になるほど劣悪であり、従業員は奴隷のごとく働かされる。[独自研究?]独立系以外にはメーカー系、ユーザー系などがある。

  • メーカー系 電機メーカーなどの子会社を指す、福利は親会社に準ずることが多く、本社のソフトウェア関連の仕事を受け持つことが多い。
  • ユーザー系 金融流通インフラストラクチャー総合商社などのITと関係のない子会社か資本関係をもつ会社、親会社の仕事が多く福利も親会社に準ずることが多く、親会社のシステム部門が独立したものが多い。
  • 独立系 親会社を持たない企業を指す。「一定の知名度と信頼があり顧客から直接業務を受注できる」「独自の人気コンテンツやソフトウェアがある」「組込みソフトウェア回路設計など高度な技術を持っている」などで、安定した収入源を持っている企業もあるが、これらがない場合は他の企業からのIT関連業務を格安で請け負う下請業者や人材派遣会社でしかない。このことが収益の悪化と社員への待遇の悪化へ繋がっている。

新3K職場[編集]

労働環境の劣悪さ揶揄する言葉として、従来のブルーカラーの労働環境を表す「きつい、汚い、危険」の3Kになぞらえ、新3Kあるいはニュー3Kというものがある。2007年には、NTTデータの代表取締役である浜口友一が決算発表でこの言葉を例えに挙げて業界を憂えたと報道された[12]

新3Kの中身は諸説あるが2007年に開かれた情報処理推進機構によるITフォーラムでは、学生がIT業界に対して持つイメージとして「きつい、帰れない、給料が安い、休暇取れない、結婚できない、子供作れない」などの他に、多くのネガティブイメージの存在が明らかにされた[13]

一方、情報処理推進機構理事として2000年代に日本のIT国家戦略の支援に携わってきた藤原武平太は、企業新卒採用の課題を複数回答でまとめた表(第一位は、46.5%、業界の仕事のイメージが良くない)を踏まえて、「3K、5K、7K、10Kなど私自身は根拠がないと思っていることが、面白おかしく伝わっている。――略――。私は由々しき事態と思っている」[14]と述べている。


関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ITProの「SE川柳」大公開!にてデジタル土方という名称が入った川柳が入賞している
  2. ^ 「入社10年は泥のように働け」 IT業界はみんなそうなのか
  3. ^ 定性的大キライ。(3)
  4. ^ 「正社員クビ!」論 著者:中野 雅至 P143にて「筆者はIT関連の大学院で勤務しているが、学生のなかにはプログラマなどを「IT土方」などと呼んで忌避するものもいる」と触れられている。
  5. ^ 論座 - 第 150 号 - 95 ページに今、「 デジタル土方」と言われてしまっているような、低賃金-長時間労働を余儀なくされている IT業界」という話題の中で触れられている。
  6. ^ 自分に似合う仕事、みつけた!: 資格を活かして働く女性16人へのインタビュー 東京法経学院出版 編集P80にて、「私たちの間では"デジタル土方"と呼んでいます。」と触れられている。
  7. ^ ダメな“システム屋”にだまされるな
  8. ^ 第23回 「ITゼネコン構造」の日本と専門職意識のインド、どちらがよい?
  9. ^ IT業界のタブー「偽装請負」に手を染めてませんか
  10. ^ ダメな“システム屋”にだまされるな 第19回 IT業界では当たり前だった「偽装請負」
  11. ^ 第2回 2重3重は当たり前の「偽装請負」——甘えは過去のものになる
  12. ^ IT業界の「3K問題」 NTTデータ社長の考えは?
  13. ^ IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ
  14. ^ 括弧部は引用。一部略あり。 @IT Newsinsight、2008年1月29日の記事「新卒採用苦戦の理由は『仕事のイメージが悪い』」より藤原武平太のコメント