インド共産党毛沢東主義派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドの旗 インドの政党
インド共産党毛沢東主義派
Communist Party of India (Maoist)
South Asian Communist Banner.svg
党旗
成立年月日 2004年9月21日
政治的思想・立場 共産主義
修正主義
レーニン主義
毛沢東主義
公式サイト People's March
テンプレートを表示

インド共産党毛沢東主義派(インドきょうさんとうもうたくとうしゅぎは、Communist Party of India (Maoist))とは、インド極左武装組織である。インド毛派とも呼ばれている。

経済成長から取り残され、貧困や格差に不満を持つ農村住民や低カースト層の間で勢力を拡大している[1]ネパール共産党毛沢東主義派とは協力関係にある。

沿革[編集]

1967年小作争議に絡んで、西ベンガル州で結成。2004年インド毛沢東主義派共産主義者センター共産党マルクス・レーニン主義派・人民闘争グループとが合流し、現在の組織となる。

2011年11月24日には当時の最高指導者であったコテシュワル・ラオが、治安部隊の銃撃によって死亡した可能性が極めて高いと報じられた[2]

イデオロギー[編集]

武装農民闘争を通じた社会主義革命を主張する。歴代政権が貧困カースト制度の問題を放置した不満から、貧しい農村地帯では支持が厚い。市民軍や民兵によるコミュニティーの創造を訴え、武装化を目指している。

テロ活動[編集]

マルチ・スズキ暴動事件への関与疑惑[編集]

2012年7月18日、インド北部のハリヤーナー州カサン村にあるスズキのインド法人マルチ・スズキのマネサール工場で暴動が発生。同社の幹部1人が死亡、日本人12人を含む約100人が負傷した。7月23日付の有力紙「ヒンズー」などは、インド内務省英語版が同社労組幹部と同党との関係を調べるよう指示したと報じた[3]。警察は組合幹部100人を拘束して取り調べたが、村の長老の一人は「村に左派はいない」と同党の介入を否定。周辺地区との工場の誘致合戦が原因ではないかとした[4]。日本の新左翼過激派中核派機関紙『前進』は7月19日付け速報で、暴動の内容を「ストライキ」として詳細に報道。同社の高圧的対応が労働組合の争議を過激化させたとした[5]

チャッティースガル州でのテロ[編集]

2013年5月25日、インド中部のチャッティースガル州を移動中の国会議員団がおよそ300人の毛派武装集団に襲撃され、関係者27名が死亡した。

2014年3月11日、チャッティースガル州スクマ地区の治安部隊が毛派の集団に襲撃され、州警察によると警察官20人が死亡した[6]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]