インド共産党マルクス主義派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インド共産党マルクス主義派党旗

インド左派共産党(मार्क्सवादी कमयुनिस्त पार्टी, MaKaPa; Communist Party of India-Marxist, CPI-M)は、インド政党共産主義政党。元々はインド共産党であったが、党の修正主義派閥主義に反対した急進派が1964年インド共産党から離脱、インド共産党マルクス主義派を結成し、同党は2つに分裂した(ただし現在、双方の党は左翼戦線を組み選挙協力関係にある)。以降この党はインド共産党マルクス主義派または便宜的にインド左派共産党と呼ばれることとなる。2002年時点で約81万4,400人(インド共産党マルクス主義派発表)の党員を抱えるとされる。

書記長はプラカシュ・カラト

党名[編集]

党名は原語に忠実に訳せばインド共産党マルクス主義派となるが、日本語では党名が長くなるためインド左派共産党とされることがある。これとは別にインド共産党という政党もあるが、これは1925年12月26日設立とされるインド共産党が、1964年穏健派と急進派に分裂し、穏健派がインド共産党(CPI)として残り、急進派がインド共産党マルクス主義派(CPI-M)となったことで、CPIとCPI-Mを区別する必要が出たからである。党名については、インド共産党において詳しく述べる。

現況[編集]

2006年5月の議会選挙ではインド共産党マルクス主義派を中心とする「左翼戦線」がケーララ州(ここでは「左翼民主戦線」を名乗った)で98議席を得て政権を奪還し、西ベンガル州では235議席を獲得し、政権を維持した。西ベンガル州とトリプラ州とケーララ州(他はタミル・ナードゥ州アーンドラ・プラデーシュ州カルナータカ州といった南部で議席を伸ばしている)を地盤に、ローク・サバー下院)では国民会議派とインド人民党の二大政党のあいだでキャスティング・ボートを握り、党から下院議長にソームナート・チャタルジー(父親がRSSや人民党の先駆者と言われるN.C. Chatterjee)を出した。インド国民会議を中心とする統一進歩同盟閣外協力するなど、大きな影響力を有していたが、2008年7月に米印原子力協力に反対して閣外協力を解消した。

2009年のローク・サバー総選挙では議席を大きく後退させ、16議席の獲得にとどまった。また2011年の州議会議員選挙では西ベンガル、ケーララの両州で州政権を失った。

外部リンク[編集]

http://www.cpim.org/ (同派公式サイト)