矛盾論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

矛盾論(むじゅんろん)とは1937年毛沢東によって書かれた論文

概要[編集]

この論文は実践論に次いで、党内に存在するゆゆしき教条主義を克服することを目的として書いたものであった。物事の発生の本質は対立する二つの世界観からの矛盾であるということなどが論述されている。この内容は延安抗日軍政大学で講義されたことがある。

日本語訳は、「実践論」と合本されることが多く、岩波文庫国民文庫に収録されていた。