トルコの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トルコの国旗
トルコの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 2:3
制定日 1936年5月29日
使用色
テンプレートを表示

トルコ国旗は、赤地に白の三日月五芒星を配した旗。

概要[編集]

「新月旗」もしくは「月星章旗」(トルコ語: Ay Yıldız)と呼ばれる。元はタンジマートの改革により1844年に公式に定められたオスマン帝国の国旗(1844-1923)であり、ほぼ同じデザインである。1844年に公式国旗を採用するまで、オスマン帝国には単一の国旗というものが存在しなかった。それまではオスマン帝国旗の他に、カリフ旗やスルタン旗や戦争旗や海軍旗や市民旗など、用途別に様々な旗が用いられていた(それらは公式国旗制定後も使用され続けている)。故に「新月旗」もしくは「月星章旗」は複雑な起源を持つ。

現在この三日月と星の組み合わせはイスラム教のシンボルとされるが、小アジアではイスラム教の普及以前から使用されていたとされる。この三日月と星のシンボルは、その後のオスマン帝国の旧領土、イスラム教またはトルコに関連する国の国旗などで多く見られる。

この赤地の旗はトルコ革命でも重要なシンボルとなった。

オスマン帝国旗の変遷[編集]

オスマン・カリフ旗の変遷[編集]

オスマン海軍旗の変遷[編集]

オスマン帝国戦争旗の変遷[編集]

その他[編集]

伝説[編集]

この国旗のデザインについては様々な伝説がある。

関連項目[編集]