コモロの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コモロの国旗
コモロの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 3:5
制定日 2001年12月23日
使用色

コモロ国旗(コモロのこっき)は、2001年12月23日に制定された。以前の国旗は、地を全面緑にし、三日月を中央に移動させてさらにそれらを少し傾けたものであった。三日月と星を傾けず、さらにアラビア語で国旗右上に「アッラー」、左下に「ムハンマド」と書かれていたこともある。現在の国旗にも、緑地に白い三日月を描いた部分はあるが、左側の三角地の部分に限られている。旗には、4本の帯が付けられており、コモロの4つの島を意味している。黄色がムワリ島、白色がマオレ島フランス領:コモロが領有を主張)、赤色がンズワニ島、青色がンジャジジャ島である。三日月の横の4つの星も同様に、4つの島を意味する。なお、三日月と緑地は、コモロの主要な宗教であるイスラム教のシンボルである。

過去の国旗[編集]

各島の国旗[編集]

モヘリ島の旗 

関連項目[編集]